パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

Windows8版Windows Defenderではウイルスからも保護

TOP便利な使い方Windows8 > Windows Defenderはウイルスからも保護

Windows8版Windows Defenderではウイルスからも保護される

パソコン出張修理でもちらほらWindows8の出張修理や出張サポートが出始めています。 それだけWindows8を購入しているお客様も増えているという事でしょう。 Windows8では、スパイウェアからPCを守るWindows Defenderの機能がバージョンアップされているのをご存知でしょうか。 Windows8に付属するWindows Defenderでは、ウイルスやトロイの木馬、悪意のあるソフトウェアなどのマルウェアからもPCを保護する事が可能になっています。

この機能は、マイクロソフトがWebサイトから無料ダウンロードで提供しているMicrosoft Security Essentialsの機能と同じ、 マルウェアのリアルタイム保護機能とPCのスキャン機能です。但し、スキャン機能のスケジュール実行機能は省かれていますが、 リアルタイム保護をかけておけば、PCの内部スキャンに関しては時々手動実行すれば問題ないと思われます。 なによりもウイルス対策が標準で装備されたことは、出張修理のお客様などで時々遭遇する、セキュリティ対策に関してよくわからずに、 セキュリティソフトをインストールせずに使っている方の為にはとても良い機能となります。

さて、ここで気になるのがWindows Defenderにマルウェア保護がついたのでWindows8には他のノートンやウイルスバスターなどの セキュリティソフトは不要かという事ですが、他の機能の面でWindows Defenderと他のセキュリティソフトでは違いがあります。 Windows Defenderは基本的なウイルス対策が出来ますが他の製品のような付加された機能は利用できません。 また、ウイルスに対する防護能力はまだよくわかりません。Microsoft Security Essentialsと同等と思われますが、 ご心配な方は他のセキュリティソフトをインストールする事をお勧めいたします。

Windows Defenderは、コントロールパネル、もしくはスタート画面でアプリバーからすべてのアプリを表示すると「Windowsシステムツール」のカテゴリ内にあります。 手動でリアルタイム保護を無効にするには、Windows Defenderを起動して設定タブ内の「リアルタイム保護を有効にする」のチェックを外す事で可能です。 但し、ノートンやウイルスバスターなど他のセキュリティソフトをインストールすると、Windows Defenderそのものが自動的に無効になりますので、 他のセキュリティソフトをインストールする場合でもWindows Defenderを削除したりする必要はありません。 (2013年01月08日)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?