パソコン・Windowsの便利な使い方やテクニック|パソコントラブル出張修理

Windows8のデスクトップにスタートメニューを表示する方法

TOP便利な使い方Windows8 > デスクトップにスタートメニューを表示

Windows8のデスクトップにスタートメニューを表示する方法

Windows8をいままでのようにデスクトップを表示して使用する場合、大きな変化としてはなんと言ってもスタートメニュー(スタートボタン)が廃止された事です。 スタートメニューがなくなった事で、ずっとWindowsを使ってきたユーザーは大変戸惑います。 やはり長年の習慣といいますか癖といいますかスタートボタンを探してしまいます。 マイクロソフトがスタートメニューを廃止した理由がどんなものであれ、表示するオプションぐらいは残しておいてほしかったものです。 実際、プレビュー版(Developer Preview版)では、レジストリを変更する事によりスタートメニューを復活できました。 それが製品版ではレジストリを変更してもスタートメニューを表示する事ができなくなっています。

しかし、ソフトを使ってWindows8のデスクトップ表示にスタートメニューの機能を追加する事は可能です。 実際、有料、無料、いろいろなソフトが紹介されてきています。多くは海外のソフトとなりますが日本語に対応したものもあり、 これらを使えばスタートボタンを復活できます。 以下にWindows8のデスクトップ表示にスタートメニューを表示するソフトを紹介いたします。 紹介するのは弊社で実際にはインストールしていないものもありますので、インストールする場合には自己責任でお願いいたします。 (2012年11月16日)

Start8(ほぼ今まで通りのスタートメニューが復活。シェアウェア)
Classic Shell(@ITで詳しく解説されています)
秀丸スタートメニュー(秀丸エディタで有名な作者のクラシックなメニュー)

パソコントラブルの出張修理では、修理のほかにもいろいろな作業やアドバイスも行っておりますのでどうぞご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

PC・インターネット・Windowsの便利な使い方やテクニックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?