ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000001 APC_INDEX_MISMATCH

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000001:APC_INDEX_MISMATCH

0x00000001:APC_INDEX_MISMATCH ブルースクリーンエラー

STOP:0x00000001 APC_INDEX_MISMATCHエラーの概要です。
これは、APCの状態のインデックスに不一致があったことを示しています。
(APC:Asynchronous Procedure Call 非同期プロシージャ呼び出し)

APC_INDEX_MISMATCHパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
システム関数(システムコール)またはワーカールーチンのアドレス

第二パラメータ
現在のスレッドのApcStateIndexフィールドの値

第三パラメータ
現在のスレッドのCombinedApcDisableフィールドの値。 このフィールドは、2つの独立した16ビットのフィールドから構成されています。 ( スレッド - > SpecialApcDisable << 16)| スレッド - > KernelApcDisable

第四パラメータ
コールタイプ(0 - システムコール、1 - ワーカールーチン)

原因
このバグチェックの最も一般的な原因は、ファイルシステムやドライバがAPCを無効にし、 再度有効にするには、呼び出しのミスマッチ配列を有している場合です。 CombinedApcDisableフィールド-キー・データ項目はThreadです。 SpecialApcDisableとKernelApcDisable:CombinedApcDisableフィールドは、 2つの独立した16ビットのフィールドで構成されます。 いずれかのフィールドの負の値は、ドライバがそれらを再有効化することなく、 特別な、または正常なAPCを(それぞれ)を無効にしていることを示しています。 正の値はドライバが特殊または通常のAPCにあまりにも多くの時間を有効にしていることを示しています。

備考
これはカーネル内部エラーです。 このエラーはシステムコールの終了時に発生します。 このバグチェックの原因としては、ファイルシステムやドライバが守られたか、 または重要な領域を出入りするためのシステムコールのミスマッチ配列を有している場合です。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557419(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?