ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000005 INVALID_PROCESS_ATTACH_ATTEMPT

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000005:INVALID_PROCESS_ATTACH_ATTEMPT

0x00000005:INVALID_PROCESS_ATTACH_ATTEMPT

STOP:0x00000005 INVALID_PROCESS_ATTACH_ATTEMPTエラーの概要です。
これは一般的にスレッドが許可されていない状況でプロセスにアタッチされたことを示します。

INVALID_PROCESS_ATTACH_ATTEMPTパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
対象プロセスのディスパッチャオブジェクトへのポインタ、またはそのスレッドが既に元のプロセスのオブジェクトへのポインタが接続されている

第二パラメータ
現在のスレッドが現在接続されているプロセスのディスパッチャオブジェクトへのポインタ

第三パラメータ
スレッドのAPC状態インデックスの値

第四パラメータ
ゼロ以外の価値は、DPCは現在のプロセッサ上で実行されていることを示している

備考
ドライバはKeAttachProcess関数を呼び出して、そのスレッドが既に別のプロセスにアタッチされている場合、 バグチェックが発生する可能性があります。それはKeStackAttachProcess機能を使用することをお勧めします。 現在のスレッドが既に別のプロセスにアタッチされていた場合、それが新しいプロセスに現在のスレッドを接続する前に、 KeStackAttachProcess関数は現在のAPCの状態を保存します

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559087(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?