ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000000C MAXIMUM_WAIT_OBJECTS_EXCEEDED

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000000C MAXIMUM_WAIT_OBJECTS_EXCEEDED

0x0000000C MAXIMUM_WAIT_OBJECTS_EXCEEDED

STOP:0x0000000C MAXIMUM_WAIT_OBJECTS_EXCEEDEDエラーの概要です。
これは、現在のスレッドが待機するオブジェクトの許容数を超えたことを示します。

MAXIMUM_WAIT_OBJECTS_EXCEEDEDパラメータ
ありません

原因
KeWaitForMultipleObjectsまたはFsRtlCancellableWaitForMultipleObjectsの不適切な使用の結果を確認してください。 呼び出し元は、このルーチンのWaitBlockArrayパラメータのバッファへのポインタを渡すことができます。 システムが待機オブジェクトを追跡するために、このバッファを使用します。 バッファが指定されている場合、CountパラメータはMAXIMUM_WAIT_OBJECTSを超えることはできません。 バッファが指定されていない場合、CountパラメータはTHREAD_WAIT_OBJECTSを超えることはできません。 Countの値が許容値を超える場合には、このバグチェックが発行されます。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560236(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?