ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000002E DATA_BUS_ERROR

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000002E DATA_BUS_ERROR

0x0000002E DATA_BUS_ERROR

STOP:0x0000002E DATA_BUS_ERRORエラーの概要です。
これは、典型的にシステムメモリ内のパリティエラーが検出されたことを示します。

DATA_BUS_ERRORパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
障害を発生させた仮想アドレス

第二パラメータ
障害を起こした物理アドレス

第三パラメータ
プロセッサステータスレジスタ(PSR)

第四パラメータ
Faulting instruction レジスタ(FIR)

原因
構成の問題、ハードウェアの欠陥、または互換性のないハードウェアなど、このエラーはほとんどの場合ハードウェアの問題が原因で発生します。 このエラーが発生することが最も一般的なハードウェアの問題は、欠陥のRAM、レベル2(L2)RAMキャッシュのエラー、あるいはビデオRAMのエラーです。 ハードディスクの破損でもこのエラーが発生することがあります。 また、デバイスドライバが(言い換えると、物理アドレスのマッピングを持っていないこと)存在していない0x8のxxxxxxxは、 範囲内のアドレスにアクセスしようとしたときにもこのバグチェック発生する可能性があります。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557468(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?