ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000035 NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000035 NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS

0x00000035 NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS

STOP:0x00000035 NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONSエラーの概要です。
これはIoCallDriverパケットが残っているこれ以上のスタックの場所を持っている場合、このバグチェックが発生します。

NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONSパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
IRPのアドレス

第二パラメータ
予約済み

第三パラメータ
予約済み

第四パラメータ
予約済み

原因
上位レベルのドライバーがIoCallDriverインタフェースを介して下位レベルのドライバを呼び出そうとしましたが、 パケット内に複数のスタック場所がありません。 これは、そのパラメータにアクセスする下位レベルのドライバを防ぐことができます。 それが低レベルのドライバ(必要な場合)のパラメータで埋めているかのように、 より高いレベルのドライバーが進行しているので、これは悲惨な状況です。 後者のドライバには、スタックの場所がありませんので、前者は実際にパケットの端から書いています。 これはいくつかの他のメモリも同様に破損していることを意味します。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557494(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?