ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000003F NO_MORE_SYSTEM_PTES

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000003F NO_MORE_SYSTEM_PTES

0x0000003F NO_MORE_SYSTEM_PTES

STOP:0x0000003F NO_MORE_SYSTEM_PTESエラーの概要です。
これはあまりにも多くのI/Oアクションを実行したシステムの結果です。これは断片化されたシステムページテーブルエントリ(PTE)をもたらしました。

NO_MORE_SYSTEM_PTESパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
0:システム拡張PTEのタイプ
1:非ページプール拡張PTEのタイプ

第二パラメータ
メモリー要求のサイズ

第三パラメータ
合計空きシステムPTE

第四パラメータ
トータルシステムPTE

原因
ほとんどすべてのケースでは、システムは実際にPTEを使い果たしませんでした。 むしろドライバは大きなメモリブロックを要求しましたが、この要求を満たすのに十分な大きさの連続したブロックはありません。 多くの場合、ビデオドライバーは多量のカーネルメモリを割り当てます。 一部のバックアッププログラムは同じ操作を行います。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff558968(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?