ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000004D NO_PAGES_AVAILABLE

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000004D NO_PAGES_AVAILABLE

0x0000004D NO_PAGES_AVAILABLE

STOP:0x0000004D NO_PAGES_AVAILABLEエラーの概要です。
これは空きページが動作を継続利用可能でないことを示します。

NO_PAGES_AVAILABLEパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
ダーティページの総数

第二パラメータ
ページファイル関連のダーティページの数

第三パラメータ
Windows XPおよびWindows 2000は、バグチェックが発生した時点で利用可能な非ページプールのサイズ
Windows Server 2003以降は予約


第四パラメータ
Windows 2000の場合、現在足止めされている遷移ページ数
Windows XP以降の場合、最新の修正された書き込みエラー状態

原因
ドライバが改変またはマッピングされたページライターがデッドロック、ブロックされています。 この例としては、ファイルシステムドライバまたはフィルタドライバでメモリをページアウトするミューテックスデッドロックやアクセスがあります。 これはドライバのバグを示します。

ストレージドライバは要求を処理していません。 この例としては、strandedキューと応答のないドライブです。これはドライバのバグを示します。

Windows XPおよびWindows 2000の場合、十分なプールが変更されたページを書き出すためのストレージスタックを使用できません。
これはドライバのバグを示します。

Windows 2000の場合、すべてのプロセスは、その最小値にトリミングと変更されたすべてのページが書かれていますが、 それでもメモリが利用可能です。 これはドライバルーチンが際限なく実行させるか、他のドライバのバグ、終了しない転送に起因することがあります。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559012(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?