ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000004E PFN_LIST_CORRUPT

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000004E PFN_LIST_CORRUPT

0x0000004E PFN_LIST_CORRUPT

STOP:0x0000004E PFN_LIST_CORRUPTエラーの概要です。
これはページフレーム番号(PFN)一覧が破損していることを示しています。

PFN_LIST_CORRUPTパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x01 破損したListHead値 使用可能ページ数 0 リストヘッドが壊れています
0x02 削除されているリスト内のエントリ 最高物理ページ番号 エントリの参照カウントが削除 リストエントリが破損している
0x07 ページフレーム番号 現在のシェア数 0 ドライバは特定のページロック回数以上のロックを解除した
0x8D 矛盾しているページフレーム番号 0 0 ページフリーリストが破損しています(ハードウエアの問題大)
0x8F 新しいページ番号 古いページ番号 0 フリーまたはゼロ化れたページListHeadが破損している
0x99 ページフレーム番号 現在のページの状態 0 ページテーブルエントリ(PTE)またはPFNが破損している
0x9A ページフレーム番号 現在のページの状態 削除されているエントリの参照カウント ドライバはまだIOのためにロックされているページを解放しようとした

原因
通常、このエラーは不良メモリ記述子リストを渡すドライバによって引き起こされます。 たとえば、ドライバが同じリストで二回MmUnlockPages呼んでいるかもしれません。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559014(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?