ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000073 CONFIG_LIST_FAILED

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000073 CONFIG_LIST_FAILED

0x00000073 CONFIG_LIST_FAILED

STOP:0x00000073 CONFIG_LIST_FAILEDエラーの概要です。
これは、コアシステムハイブとして知られているトップレベルのレジストリキーのいずれかが、 レジストリツリーにリンクすることができないことを示しています。

CONFIG_LIST_FAILEDパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
1

第二パラメータ
ハイブの読み込みに失敗したことを前提とするWindowsオペレーティングシステムを導いたNTステータスコード

第三パラメータ
ハイブリストのハイブインデックス

第四パラメータ
ハイブのファイル名が格納されUNICODE_STRING構造体へのポインタ

原因
リンクすることができないレジストリハイブは、SAM、セキュリティ、ソフトウェア、またはDEFAULTであるかもしれません。 それが正常にロードされたためハイブは有効です。 ハイブは、レジストリツリーにリンクすることができなかった理由を確認するためにパラメータ2を調べます。

このエラーの一般的な原因の1つは、Windowsオペレーティング・システムでは、システムドライブのディスク容量が不足しているということです。 (この状況では、このパラメータは0xC000017D、STATUS_NO_LOG_SPACEです。) 別の一般的な問題は、プールを割り当てるのに失敗したということです。 (この状況では、パラメータ2 STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCES、0xC000009Aです。)

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559183(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?