ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000079 MISMATCHED_HAL

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000079 MISMATCHED_HAL

0x00000079 MISMATCHED_HAL

STOP:0x00000079 MISMATCHED_HALエラーの概要です。
これは、ハードウェアアブストラクションレイヤ(HAL)の改訂レベルまたは構成がカーネルまたはコンピュータのそれと一致していないことを示しています。

MISMATCHED_HALパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x1 Ntoskrnl.exeの主要なプロセッサ制御ブロック(PRCB)レベル Hal.dllの主要PRCBレベル 予約済み PRCBのリリース・レベルが一致していません。 (何かが古くなっています。)
0x2 Ntoskrnl.exeのビルドタイプ Hal.dllのビルドタイプ 予約済み ビルドの種類が一致していません。
0x3 ローダパラメータ拡張のサイズ ローダパラメータ拡張のメジャーバージョン ローダパラメータ拡張のマイナーバージョン ローダー(NTLDR)とHALのバージョンが一致していません。
第一パラメータが0x2の場合、次のビルドタイプコードが使われています。
0:マルチプロセッサ対応のフリービルド
1:マルチプロセッサ対応のチェックビルド
2:シングルプロセッサフ??リービルド
3:シングルプロセッサチェックビルド

原因
ユーザーが手動でNtoskrnl.exeまたはHal.dllを更新するときMISMATCHED_HALバグチェックが頻繁に発生します。 エラーは、これらの2つのファイルのいずれかの有効期限が切れていることを示すことができます。 たとえば、HALは、Microsoft Windows 2000用に設計されているかもしれないし、カーネルは、Windows XP用に設計されているかも知れません。

また、コンピュータが誤ってマルチプロセッサHALとシングルプロセッサカーネルにインストール、またはその逆があるかもしれません。 Ntoskrnl.exeのカーネルファイルは、シングルプロセッサシステムのためであり、NTKRNLMP.EXEは、マルチプロセッサシステムのためのものです。

但し、これらのファイル名はWindowsオペレーティング・システムをインストールしたインストールmedia.After上のファイルに対応して、 ファイルが関係なく使用されているソースファイルの、Ntoskrnl.exeに名前が変更されます。 HALファイルは、インストール後に名前のHal.dllを使用していますが、インストールメディア上のいくつかの可能なHALのファイルがあります。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559209(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?