ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000007B INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000007B INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE

0x0000007B INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE

STOP:0x0000007B INACCESSIBLE_BOOT_DEVICEエラーの概要です。
これは、Microsoft Windowsオペレーティングシステムが起動中に、システムパーティションへのアクセスを失ったことを示します。

INACCESSIBLE_BOOT_DEVICEパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
UNICODE_STRING構造体のアドレス、またはマウントできなかったデバイスオブジェクトのアドレス

第二パラメータ
0

第三パラメータ
0

第四パラメータ
0

原因
INACCESSIBLE_BOOT_DEVICEバグチェックは頻繁にブートデバイスの故障が原因で発生します。 I/Oシステムの初期化中にブートデバイスドライバは、ブートデバイス(通常はハードディスク)の初期化に失敗した可能性があります。 それはブートデバイス上のデータを認識しなかったので、ファイルシステムの初期化が失敗したのかも知れません。 また、システムパーティションを再分割したり、新しいSCSIアダプタまたはディスクコントローラをインストールすると、 このエラーを引き起こす場合があります。

また、このエラーは互換性のないディスクのハードウェアが原因で発生する可能性があります。 エラーは、システムの初期セットアップ時に発生した場合、 システムはサポートされていないディスクまたはSCSIコントローラにインストールされている可能性があります。 一部のコントローラは、Windowsドライバライブラリ(WDL)にあるドライバでのみサポートされます。 (これらのドライバは、ユーザーがカスタムインストールを実行する必要があります。)

例えば、BIOSにて、SATAモードがAHCI仕様またはRAID機能を使用するように変更した後などに発生する事があります。 この場合には、BIOSにてSATAモードをIDE互換使用などを選択することによりこのエラーが解消します。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559218(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?