ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000007F UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000007F UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP

0x0000007F UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP

STOP:0x0000007F UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAPエラーの概要です。
これは、Intel CPUがトラップを生成し、カーネルがこのトラップをキャッチするのに失敗したことを示します。

UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAPパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
トラップ番号(主なものを以下に掲載します)

0x00000000、ゼロ除算エラーは、DIV命令が実行され、除数がゼロであることを示します。 メモリの破損、他のハードウェアの問題、またはソフトウェアの障害が原因でこのエラーが発生することがあります。

0x00000004、プロセッサはオーバーフロー(OF)フラグが設定されている割り込みハンドラの呼び出しを実行するときに0x00000004 またはオーバーフローが発生します。

0x00000005、プロセッサは、BOUND命令の実行中にオペランドが指定された制限を超えていることを見つけたことを示しています。 BOUND命令は、符号付きの配列インデックスが一定の範囲内であることを保証します。

0x00000006、または無効オペコードは、プロセッサが無効な命令を実行しようとしていることを示します。 命令ポインタが破損していて、間違った場所を指しているときにこのエラーは発生します。 このエラーの最も一般的な原因は、ハードウェアのメモリの破損です。

0x00000008、またはダブル・フォルトは、例外が例外前のハンドラの呼び出し中に発生したことを示します。 典型的には、2つの例外は順番に処理されています。しかしプロセッサは二重の障害を通知することができないいくつかの例外があります。 ダブルフォルトには以下の2つの一般的な原因があります。

1.カーネルスタックオーバーフロー。 ガードページがヒットしたときに、 このオーバーフローが発生してカーネルがトラップフレームをプッシュしようとします。
2・ハードウェアの問題。

原因
ミスマッチハードウェア(特にメモリ)、またはインストールされているハードウェアに障害が発生した場合にインストールした後に発生します。 ダブルフォールトはカーネルスタックオーバーフローが生じることがあります。 複数のドライバが同じスタックに接続されている場合、このオーバーフローが発生します。 たとえば、2つのファイルシステムフィルタドライバは、同じスタックに接続され、ファイルシステムはスタックオーバーフローに戻って再帰します。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559244(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?