ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000009C MACHINE_CHECK_EXCEPTION

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000009C MACHINE_CHECK_EXCEPTION

0x0000009C MACHINE_CHECK_EXCEPTION

STOP:0x0000009C MACHINE_CHECK_EXCEPTIONエラーの概要です。
これは、致命的なマシンチェック例外が発生したことを示します。

MACHINE_CHECK_EXCEPTIONパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。
メッセージに記載されている4つのパラメータは、プロセッサーのタイプに応じて異なる意味を持っています。

プロセッサが古いx86ベースのアーキテクチャに基づいており、マシンチェック例外(MCE)機能を持っていない場合で、 マシン・チェック・アーキテクチャ(MCA)機能(たとえば、Intel Pentiumプロセッサ)が搭載されている場合、パラメータは以下の意味を持ちます。

第一パラメータ
P5_MC_TYPEマシンサービスレポート(MSR)の下位32ビット

第二パラメータ
MCA_EXCEPTION構造体のアドレス

第三パラメータ
P5_MC_ADDR MSRの上位32ビット

第四パラメータ
P5_MC_ADDR MSRの下位32ビット

プロセッサは新しいx86ベースのアーキテクチャに基づいており、 MCAの機能とMCE機能(例えば、Pentium Proプロセッサ、Pentium IV、またはXeonファミリとして6以上の任意のIntelプロセッサ)を有している場合、 またはプロセッサx64ベースのプロセッサでの場合にはパラメータは以下の意味を持ちます。

第一パラメータ
バンクナンバー

第二パラメータ
MCA_EXCEPTION構造体のアドレス

第三パラメータ
エラーがあったMCAバンクのMCi_STATUS MSRの上位32ビット

第四パラメータ
エラーがあったMCAバンクのMCi_STATUS MSRの下位32ビット

Itaniumベースのプロセッサでは、パラメータは以下の意味を持ちます。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x1 ログのアドレス ログのサイズ 0  
0x2 ログのアドレス ログのサイズ エラーコード MCAを処理中にシステムのsystem abstraction layer (SAL)はSAL_GET_STATEINFOのエラーが返されました。
0x3 ログのアドレス ログのサイズ エラーコード MCAを処理しながら、SALはSAL_CLEAR_STATEINFOのエラーが返されました。
0x4 ログのアドレス ログのサイズ 0 ファームウェア(FW)は致命的なMCAを報告しました。
0x5 ログのアドレス ログのサイズ 0 2つの原因が考えられます。 一つは、SALは回復可能MCAを報告したが、この回復は、現在サポートされていません。 もう一つは、SALはMCAを生成したが、エラー・レコードを作成できませんでした。
0xB ログのアドレス ログのサイズ 0  
0xC ログのアドレス ログのサイズ エラーコード Initイベントを処理している間に、SALはSAL_GET_STATEINFOのエラーが返されました。
0xD ログのアドレス ログのサイズ エラーコード INITイベントを処理しながら、SALはSAL_CLEAR_STATEINFOのエラーが返されました。
0xE ログのアドレス ログのサイズ 0  

備考
Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステムでは、このバグチェックは次の状況でのみ発生します。
WHEAは完全に初期化されるというわけではありません。 プロセッサは、それらのレジスタにおける誤りを持っていません。 他の状況では、このバグチェックはバグCheck0x124:WHEA_UNCORRECTABLE_ERRORに置き換えられました。 (Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム。)
マシン・チェック・アーキテクチャ(MCA)の詳細については、IntelまたはAMDのWebサイトを参照してください。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559323(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?