ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

0x0000009E USER_MODE_HEALTH_MONITOR

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000009E USER_MODE_HEALTH_MONITOR

0x0000009E USER_MODE_HEALTH_MONITOR

STOP:0x0000009E USER_MODE_HEALTH_MONITORエラーの概要です。
これは、1つ以上の重要なユーザーモードコンポーネントがヘルスチェックを満たすために失敗したことを示します。

USER_MODE_HEALTH_MONITORパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
構成されたタイムアウトのヘルスチェックを満たすために失敗したプロセス

第二パラメータ
秒単位でヘルスモニタリングタイムアウト

第三パラメータ
予約済み

第四パラメータ
予約済み

原因
ウォッチドッグタイマなどのハードウェア機構は、基本的なカーネルサービスが実行されていないことを検出することができます。 しかし、リソース不足の問題(メモリリーク、ロック競合、およびスケジューリングの優先度の設定ミスを含む)、 遅延プロシージャ呼び出し(DPC)をブロックまたは非ページプールを排出することなく、 重要なユーザーモードコンポーネントをブロックすることができます。

カーネルコンポーネントは、定期的にクリティカルなアプリケーションを監視することにより、 ユーザーモードにウォッチドッグ・タイマの機能を拡張することができます。 このバグチェックはユーザーモードのヘルスチェックが正常にシャットダウンできなくなるような方法で失敗したことを示します。 このバグチェックは、他のサーバーにアプリケーション・フェイルオーバーを再起動したり、有効にすることで重要なサービスを復元します。 Microsoft Windows Server 2003、Enterprise Edition、Windows Server 2003、Datacenter Edition、 およびWindows 2000にService Pack 4(SP4)オペレーティングシステムとユーザーモードのハングもこのバグチェックが発生する可能性があります。 バグチェックは、ユーザーが3の値にHangRecoveryActionを設定している場合にのみ、このような状況で発生します。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559326(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?