ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x000000A0 INTERNAL_POWER_ERROR

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000A0 INTERNAL_POWER_ERROR

0x000000A0 INTERNAL_POWER_ERROR

STOP:0x000000A0 INTERNAL_POWER_ERRORエラーの概要です。
これは、電源のポリシーマネージャは、致命的なエラーが発生していることを示しています。

INTERNAL_POWER_ERRORパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。 パラメータ1は、違反のタイプを示します。 他のパラメータの意味はパラメータ1の値に依存します。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x1 1:デバイスは、参照カウントの最大数をオーバーランしました。
2、3、または4:(Windows Server 2003、Windows XP、およびWindows 2000の場合)多すぎるinrush power IRPがキューに登録されている。
5:(Windows Server 2003、Windows XP、およびWindows 2000の場合)パワーIRPは受動レベルのデバイス・オブジェクトに送信されました。
6:システムが必要な電力IRPを割り当てることができませんでした。
パラメータ2の値が1の場合、参照の最大数。 パラメータ2が2、3、または4の値を持つ場合は、保留中のIRPの最大数。 パラメータ2が6の値の場合は、ターゲット・デバイスオブジェクトを持っている場合。 パラメータ2が6の値の場合は、これがシステム(0x0の)またはデバイス(0x1)がパワーIRPであるかどうかを示します。 電源I/O要求パケット(IRP)の処理中にエラーが発生しました。
0x2 予約済み 予約済み 予約済み 電源イベントを処理しようとしているときに内部エラーが発生しました。 詳細については、 パラメータ1が0x2に等しいとき、デバッグバグが0xA0をチェック 。
0x3 予期されたチェックサム 実際のチェックサム 障害が発生した行番号 hibernationコンテキストページのチェックサムは、その予想されるチェックサムと一致しません。
0x4 予期されたチェックサム 実際のチェックサム 障害が発生した行番号 ページハイバネーションファイルに書き出そうとするためのチェックサムは、予期されたチェックサムと一致しません。
0x5 予約済み 予約済み 予約済み 未知のシャットダウン・コードは、システム・シャットダウンハンドラに送信されました。
0x7 予約済み 予約済み 予約済み 未処理の例外が発生しました。 詳細についてはパラメータ1が0x7に等しいときデバッグバグが0xA0をチェック
0x8 このパラメータは常に0x100に設定されています。 デバイスオブジェクト POWER_CHANNEL_SUMMARY システム電源イベントの処理中に致命的なエラーが発生しました。
0x9 状態コード ミラーリングフェーズ 予約済み 休止状態ファイルを準備中に致命的なエラーが発生しました。
0xA 0:バグチェックは再開直後に要求されました。
1:すべての非ページングデバイスに電源が投入された後のバグチェックが再開時に要求されました。
2:すべてのデバイスに電源が投入された後のバグチェックが再開時に要求されました。
予約済み 予約済み デバッグ目的のために目覚めたときに、バグチェックが要求されました。
0xB ハイバネーション・ファイルのサイズ。 スペースが不足する前に休止状態の進行
0:HIBERFILE_PROGRESS_FREE_MAP
1:HIBERFILE_PROGRESS_RESUME_CONTEXT
2:HIBERFILE_PROGRESS_PROCESSOR_STATEE
3:HIBERFILE_PROGRESS_MEMORY_RANGES
4:HIBERFILE_PROGRESS_TABLE_PAGES
5:HIBERFILE_PROGRESS_MEMORY_IMAGE
残りのメモリ範囲のサイズ。 ハイバネーション・ファイルが小さすぎます。
0xC 状態コード スタック・コンテキストをダンプ 予約済み ダンプスタックの初期化に失敗しました。
0x101 予約済み 例外ポインタ 予約済み システム電源イベントを処理している間に、未処理の例外が発生しました。 詳細については、 パラメータ1が0x101に等しいときのデバッグバグが0xA0をチェック。
0x102 予約済み DUMP_INITIALIZATION_CONTEXT POP_HIBER_CONTEXT hibernation workingバッファサイズがページ境界に整列されていない。
0x103 予約済み POP_HIBER_CONTEXT 予約済み すべての作業ページが休止状態処理中にアカウント処理することに失敗している。
0x104 予約済み POP_HIBER_CONTEXT 予約済み 内部メモリ構造がロックされているときに内部冬眠メモリをマップしました。
0x105 予約済み POP_HIBER_CONTEXT 予約済み サポートされていないメモリタイプフラグを使用して内部ハイバネーションメモリをマップしました。
0x106 予約済み メモリ記述子リスト(MDL) 予約済み メモリ記述子リストはページング・アラインされていないメモリを記述ハイバネーション処理中に作成された。
0x107 予約済み POP_HIBER_CONTEXT PO_MEMORY_RANGE_ARRAY データの不一致が内部ハイバネーション・データ構造に発生しました。
0x108 予約済み POP_HIBER_CONTEXT 予約済み ディスクサブシステムが適切にハイバネーション・ファイルの一部の書き込みに失敗しました。
0x109 予約済み 予期されたチェックサム 実際のチェックサム プロセッサ状態データのチェックサムは、その予想されるチェックサムと一致しません。
0x10A 予約済み POP_HIBER_CONTEXT NTSTATUS ディスクサブシステムが適切にハイバネーション・ファイルの一部を読み込みまたは書き込みに失敗しました。
0x10B 予約済み 現在休止状態の進行状況 予約済み PoSetHiberRange APIを使用して間違った時にハイバネーションの起動フェーズのためにページをマークしました。
0x10C 予約済み APIに与えフラグ マークする長 PoSetHiberRange APIは無効なパラメータで呼び出されました。
0x200 予約済み DEVICE_OBJECT DEVICE_OBJECT_POWER_EXTENSION 不明なデバイスタイプがアイドル状態をチェックしています。
0x300 予約済み DEVICE_OBJECT IRP 未知の状態はバッテリ電源のIRPから返されました。
0x301 予約済み DEVICE_OBJECT IRP バッテリは不明な状態になりました。
0x400 予約済み IO_STACK_LOCATION DEVICE_OBJECT デバイスは、参照カウントの最大数をオーバーランしています。
0x401 予約済み 保留中のIRPのリスト DEVICE_OBJECT あまりにも多くの突入電力IRPがキューに登録されている。
0x402 予約済み 保留中のIRPのリスト DEVICE_OBJECT あまりにも多くの突入電力IRPがキューに登録されている。
0x403 予約済み 保留中のIRPのリスト DEVICE_OBJECT あまりにも多くの突入電力IRPがキューに登録されている。
0x404 予約済み IO_STACK_LOCATION DEVICE_OBJECT パワーIRPは受動レベルのデバイス・オブジェクトに送信されました。
0x500 予約済み IRP DEVICE_OBJECT 未知の状態は、サーマルパワーIRPから返されました。
0x600 DEVICE_OBJECT PDO 予約済み 予約済み ドライバはパワー・ランタイム・フレームワークとの重複登録を試みました。
0x601 POP_FX_DEVICE装置 PEP_DEVICE_REGISTER PEP 予約済み ノーパワーエンジンプラグインデバイスの登録を受け付けられませんでした。
0x602 DEVICE_NODEデバイスノード スリープカウント 予約済み デバイスノードのスリープカウントは、そのアクティベーション数と一致しません。
0x603 POP_FX_PLUGIN 作業要求のタイプ 予約済み パワーエンジンのプラグインは無効に作業要求を行った。
0x605 通知ID POP_FX_PLUGIN 予約済み パワーエンジンプラグインは必須デバイスの電源管理の通知を受け付けることができませんでした。
0x606 POP_FX_COMPONENT POP_FX_COMPONENT_FLAGS コンポーネントの新しい条件 リソース(またはアイドル)がすでにアクティブであったときに、 パワーエンジンプラグインがアクティブ(またはアイドル)状態への移行の重要なシステムリソースコンポーネントをしようとしました。
0x607 POP_FX_DEVICE NTSTATUS 予約済み ランタイムパワーマネジメントフレームワークデバイス取り外しロックの取得に失敗しました。
0x608 POP_FX_COMPONENT POP_FX_COMPONENT_FLAGS 予約済み ドライバは、遷移に先行するアクティブな要求がなくても、アイドルにコンポーネントを試みました。
0x609 POP_FX_PLUGIN POP_FX_DEVICE 要求タイプを複製
0:DevicePowerRequired
1:DevicePowerNotRequired
パワーエンジンプラグインは反対のタイプの介入要求なしには必要ありません。 必要なデバイスの電源装置または電源のどちらかを要求しました。
0x610 POP_FX_PLUGIN POP_FX_DEVICE 予約済み 以前のデバイスの電源に必要な要求が未処理のままの状態で電源エンジンプラグインは必要ありません。 デバイスの消費電力を要求しました。
0x611 POP_FX_PLUGIN POP_FX_DEVICE 無効なコンポーネントインデックス パワーエンジンのプラグインは無効なコンポーネントへの操作を要求しました。
0x612 POP_FX_PLUGINのPowerEnginePlugin 予約済み 予約済み パワーエンジンのプラグインは、 バッファを要求するためPOによって供給されなかったデバイス通知のコンテキストで実行する追加の作業を要求しました。
0x613 POP_FX_DEVICE コンポーネントインデックス 操作
0:必須でない完全なデバイスの電源
1:レポートデバイスの電源がオン
2:完全なアイドル状態
ドライバには、このような傑出している要求が保留されていない場合、要求を完了しようとしました。
0x614 POP_FX_DEVICE コンポーネントインデックス 不正なパラメータ
0:IRQLで使用PO_FX_FLAG_BLOCKING> = DISPATCH_LEVEL
1:PO_FX_FLAG_BLOCKINGとPO_FX_FLAG_ASYNC_ONLY両方指定
2:無効なコンポーネントインデックス
ドライバが不正なパラメータを持つコンポーネントでアクティブ/アイドルな移行を要求しました。
0x615 POP_FX_PLUGIN POP_FX_COMPONENT 0:しないアイドル状態0のコンポーネント
1:コンポーネントが既にアクティブです。
2:いいえ傑出アクティベーション要求
3:卓越したアイドル状態遷移
パワーエンジンプラグインは違法コンポーネントのアクティブ化が完了したことを示しました。
0x616 POP_FX_PLUGIN POP_FX_COMPONENT 0:無効、アイドル状態
1:コンポーネントは、要求された状態に既にある
2:アイドル状態を経て、0を通過せずに非ゼロのアイドル状態を要求
パワーエンジンプラグインは違法成分アイドル状態遷移を要求しました。
0x666 PPOP_PEP_ACTIVITY 新しいアクティビティタイプ
0:DevicePowerOn
1:ComponentIdleStateChange
2:ComponentActivating
3:ComponentActive
4:DevicePowerOff
5:DeviceSuspend
矛盾するアクティビティタイプ
0:DevicePowerOn
1:ComponentIdleStateChange
2:ComponentActivating
3:ComponentActive
4:DevicePowerOff
5:DeviceSuspend
デフォルトの電源エンジンのプラグインは、新しいアクティビティをトリガーしようとした別の活動と競合している。
0x667 POP_PEP_ACTIVITY アクティビティタイプ
0:DevicePowerOn
1:ComponentIdleStateChange
2:ComponentActivating
3:ComponentActive
4:DevicePowerOff
5:DeviceSuspend
POP_PEP_ACTIVITY_STATUS デフォルトの電源エンジンのプラグインが実行されていないアクティビティーを完了しようとしました。
0x700 PEPHANDLE PEP_PPM_IDLE_SELECT 予約済み パワーエンジンのプラグインは無効プロセッサのアイドル依存関係を指定しました。
0x701 ハングアップしたプロセッサの選択されたアイドル状態のインデックス ハングアップしたプロセッサのPRCBアドレス ハングアップしたプロセッサのインデックス プロセッサが割り当てられた区間内にアイドルの移行を完了することができませんでした。 これは、指定されたプロセッサがハングしていることを示します。
0x702 プロセッサの選択されたアイドル状態のインデックス プロセッサのアイドルの同期状態 ハングアップしたプロセッサのPRCBアドレス プロセッサは、OSが(必要PPMアイドル同期を使用して)、 PEPによって明示的覚醒を開始せずに割り込み不可状態から目が覚めた。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff559341(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?