ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x000000C1 SPECIAL_POOL_DETECTED_MEMORY_CORRUPTION

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000C1 SPECIAL_POOL_DETECTED_MEMORY_CORRUPTION

0x000000C1 SPECIAL_POOL_DETECTED_MEMORY_CORRUPTION

STOP:0x000000C1 SPECIAL_POOL_DETECTED_MEMORY_CORRUPTIONエラーの概要です。
これは、ドライバが特別なプールの無効なセクションに書いたことを示しています。

SPECIAL_POOL_DETECTED_MEMORY_CORRUPTIONパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。 パラメータ4は、違反のタイプを示します。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
ドライバが解放しようとしたアドレス 予約済み 0 0x20 ドライバが割り当てられていない空きプールにしようとしました。
ドライバが解放しようとしたアドレス 要求されたバイト バイト(実際には、呼び出し元に与えられた)を計算 0x21
0x22
ドライバが不正なアドレスを解放しようとしました。
ドライバが解放しようとしたアドレス ビットが破損している場合に対処する 予約済み 0x23 ドライバがアドレスを解放しますが、同じページ内の近くのバイトが破損しています。
ドライバが解放しようとしたアドレス ビットが破損している場合に対処する 予約済み 0x24 ドライバがアドレスを解放しますが、割り当ての最後の後に発生するバイトが上書きされています。
現在のIRQL プールの種類 バイト数 0x30 ドライバは不正なIRQLでプールを割り当てようとしました。
現在のIRQL プールの種類 ドライバが解放しようとしたアドレス 0x31 ドライバは不正なIRQLでフリー・プールにしようとしました。
ドライバが解放しようとしたアドレス 1ビットが破損しているアドレス 予約済み 0x32 ドライバがアドレスを解放しますが、同じページ内の近くのバイトは、シングルビットエラーが発生している。
POOL_TYPEコードはntddk.hで列挙されます。 特に0は非ページプールを示し、1はページプールを示します。

原因
ドライバが特別なプールの無効なセクションに書き込まれています。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560183(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?