ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x000000C4 DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000C4 DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION

0x000000C4 DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION

STOP:0x000000C4 DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATIONエラーの概要です。
これは、Driver Verifierで検出された致命的なエラーの一般的なバグチェックコードです。

DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATIONパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。 パラメータ1は、違反のタイプを識別します。 残りのパラメータの意味はパラメータ1の値によって変わります。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x00 現在のIRQL プールの種類 0 ドライバは、ゼロバイトのプールの割り当てを要求した。
0x01 現在のIRQL プールの種類 バイト単位で割り当てサイズ ドライバは、IRQL> APC_LEVELとページングメモリを割り当てようとしました。
0x02 現在のIRQL プールの種類 バイト単位で割り当てサイズ ドライバは、IRQL> DISPATCH_LEVELと非ページメモリを割り当てようとしました。
0x10 不正なアドレス 0 0 ドライバは、Allocateコールから返されませんでしたアドレスを解放しようとしました。
0x11 現在のIRQL プールの種類 プールのアドレス ドライバは、IRQL> APC_LEVELとフリーページプールにしようとしました。
0x12 現在のIRQL プールの種類 プールのアドレス ドライバは、IRQL> DISPATCH_LEVELで無料非ページプールにしようとしました。
0x13
0x14
予約済み プールヘッダーへのポインタ プールヘッダーの内容 ドライバは既に解放されている空きメモリプールにしようとしました。
0x16 予約済み プールアドレス 0 ドライバが不正なアドレスにフリープールにしようとしたか、ドライバがメモリルーチンに無効なパラメータが渡されました。
0x30 現在のIRQL 要求されたIRQL 0 ドライバは、無効なパラメータがKeRaiseIrqlにわたされました。 (パラメータは、現在のIRQL、またはHIGH_LEVELより高い値よりも低い値です。 これは初期化されていないパラメータを使用しての結果であるかもしれません。)
0x31 現在のIRQL 要求されたIRQL 0:新IRQLが悪いです。 1:新しいIRQLがDPCルーチン内部不正です ドライバは、無効なパラメータがKeLowerIrqlにわたされました。 (パラメータは、現在のIRQL、またはHIGH_LEVELよりも高い値よりも高い値であった。これは初期化されていないパラメータを使用しての結果であるかもしれません。)
0x32 現在のIRQL ロック・アドレスを紡ぐ 0 ドライバがKeReleaseSpinLockを DISPATCH_LEVEL以外のIRQLで呼び出しました。 (これは、スピンロックの二重解放が原因かもしれません。)
0x33 現在のIRQL ファストミューテックスアドレス 0 ドライバは、IRQL> APC_LEVELで高速ミューテックスを取得しようとしました。
0x34 現在のIRQL ファストミューテックスアドレス 0 ドライバはAPC_LEVEL以外のIRQLで速いミューテックスを解放しようとしました。
0x35 現在のIRQL スピンロックアドレス オールドIRQL カーネルはDISPATCH_LEVELに等しくないIRQLとスピンロックをリリースしました。
0x36 現在のIRQL スピンロックアドレス オールドIRQL カーネルはDISPATCH_LEVELに等しくないIRQLとキューに入れられたスピンロックをリリースしました。
0x37 現在のIRQL スレッドのAPCはカウントを無効にする リソース ドライバがリソースを獲得しようとしましたが、APCが無効になっていません。
0x38 現在のIRQL スレッドのAPCはカウントを無効にする リソース ドライバがリソースを開放しようとしましたが、APCが無効になっていません。
0x39 現在のIRQL スレッドのAPCはカウントを無効にする ミューテックス ドライバは、エントリ上APC_LEVELに等しくないIRQLと "安全でない"ミューテックスを取得しようとしました。
0x3A 現在のIRQL スレッドのAPCはカウントを無効にする ミューテックス ドライバは、エントリ上APC_LEVELに等しくないIRQLと "安全でない"ミューテックスを解放しようとしました。
0x3D 0 0 悪いリソースのアドレス 不良(アライメントされていない)リソースがExAcquireResourceExclusive に渡されました。
0x3E 0 0 0 ドライバが現在使用されていないKeLeaveCriticalRegionスレッドに対して呼び出しされました。
0x3F オブジェクトのアドレス 新しいオブジェクトの参照カウント
-1:間接参照の場合
1:基準ケース
0 ドライバが0の参照カウントを持っているObReferenceObjectオブジェクトに渡されました。 またはドライバが0の参照カウントが適用されたObDereferenceObjectに渡されました。
0x40 現在のIRQL スピンロックアドレス 0 KeAcquireSpinLockAtDpcLevel と呼ばれるIRQL DISPATCH_LEVELドライバー
0x41 現在のIRQL スピンロックアドレス 0 KeReleaseSpinLockFromDpcLevel と呼ばれるIRQL DISPATCH_LEVELドライバー
0x42 現在のIRQL スピンロックアドレス 0 KeAcquireSpinLock と呼ばれるIRQL DISPATCH_LEVELドライバー
0x51 アロケーションのベースアドレス 配分を超えて参照のアドレス チャージしたバイト数 ドライバは割り当ての末尾を超えて書き込んだ後、メモリを解放しようとしました。 このパラメータを使用してバグチェックは、Driver Verifierのプールの追跡オプションが有効なときにだけ発生します。
0x52 アロケーションのベースアドレス 予約済み チャージしたバイト数 ドライバは割り当ての末尾を超えて書き込んだ後、メモリを解放しようとしました。 このパラメータを使用してバグチェックは、Driver Verifierのプールの追跡オプションが有効なときにだけ発生します。
0x53
0x54
0x59
アロケーションのベースアドレス 予約済み 予約済み ドライバは割り当ての末尾を超えて書き込んだ後、メモリを解放しようとしました。 このパラメータを使用してバグチェックは、Driver Verifierのプールの追跡オプションが有効なときにだけ発生します。
0x60 ページプールから割り当てられたバイト 非ページプールから割り当てられたバイト 解放されなかった割り当ての総数 ドライバは最初にプールの割り当てを解放せずにアンロードされています。 このパラメータを使用したバグチェックは、Driver Verifierのプールの追跡オプションが有効なときにだけ発生します。
0x61 ページプールから割り当てられたバイト 非ページプールから割り当てられたバイト 解放されなかった割り当ての総数 ドライバスレッドは、ドライバがアンロードされている間、プールのメモリを割り当てようとしています。 このパラメータを使用したバグチェックは、Driver Verifierのプールの追跡オプションが有効なときにだけ発生します。
0x62 ドライバの名前 予約済み ページおよび非ページプールの両方を含む、解放されなかった割り当ての総数 ドライバは最初にプールの割り当てを解放せずにアンロードされています。 このパラメータを使用したバグチェックは、Driver Verifierのプールの追跡オプションが有効なときにだけ発生します。
0x70 現在のIRQL MDLアドレス アクセスモード ドライバはMmProbeAndLockPages IRQL> DISPATCH_LEVELを呼んだ。
0x71 現在のIRQL MDLアドレス プロセスのアドレス ドライバは、IRQL> DISPATCH_LEVELとMmProbeAndLockProcessPagesを呼んだ。
0x72 現在のIRQL MDLアドレス プロセスのアドレス ドライバは、IRQL> DISPATCH_LEVELとMmProbeAndLockSelectedPagesを呼んだ。
0x73 現在のIRQL 32ビット版のWindowsでは物理アドレスの下位32ビット。 64ビットWindowsでは、64ビットの物理アドレス。 バイト数 ドライバはMmMapIoSpaceと IRQL> DISPATCH_LEVELを呼んだ。
0x74 現在のIRQL MDLアドレス アクセスモード
0x75 現在のIRQL MDLアドレス アクセスモード
0x76 現在のIRQL MDLアドレス アクセスモード
0x77 現在のIRQL MDLアドレス アクセスモード
0x78 現在のIRQL MDLアドレス 0
0x79 現在のIRQL 仮想アドレスは、マップ解除されている MDLアドレス
0x7A 現在のIRQL 仮想アドレスは、マップ解除されている MDLアドレス
0x7B 現在のIRQL 仮想アドレスは、マップ解除されている バイト数
0x7C MDLアドレス MDLのフラグ 0
0x7D MDLアドレス MDLのフラグ 0
0x7E 現在のIRQL DISPATCH_LEVEL 0
0x7F 現在のIRQL MDLアドレス MDLのフラグ
0x80 現在のIRQL イベントのアドレス 0
0x81 MDLアドレス MDLのフラグ 0
0x82 MDLアドレス MDLのフラグ 0
0x83 マップへの物理アドレス範囲の開始 マップするバイト数 ロックダウンされていない最初のページフレーム番号
0x85 MDLアドレス マップへのページ数 ロックダウンされていない最初のページフレーム番号
0x89 MDLアドレス MDLの非メモリページへのポインタ ロックダウンされていない最初のページフレーム番号 MDLは、"I/O"としてマークされますが、それは非メモリのページのアドレスが含まれていません。
0x91 予約済み 予約済み 予約済み ドライバは、オペレーティング・システムによってサポートされていないメソッドを使用してスタックを切り替えました。 カーネル・モード・スタックを拡張するための唯一の方法はサポートされているKeExpandKernelStackAndCalloutを使用することです。
0xA0(Windows Server 2003およびそれ以降のオペレーティングシステム) 読み取りまたは書き込み要求を行っているIRPへのポインタ 下位デバイスのデバイスオブジェクト エラーが検出されたセクターの数 CRCエラーは、ハード・ディスク上で検出された。 このパラメータを使用したバグチェックは、Driver Verifierのディスクの整合性チェックオプションが有効なときにだけ発生します。
0xA1 読み取りまたは書き込み要求を行っているIRPのコピー。(実際のIRPが完了しました。) 下位デバイスのデバイスオブジェクト エラーが検出されたセクターの数 CRCエラーは、セクタ(非同期)で検出された。 このパラメータを使用したバグチェックは、Driver Verifierのディスクの整合性チェックオプションが有効なときにだけ発生します。
0xA2(Windows Server 2003およびそれ以降のオペレーティングシステム) IRPは、読み取りまたは書き込み要求を行っている、またはこのIRPのコピー 下位デバイスのデバイスオブジェクト エラーが検出されたセクターの数 CRC DISKチェックサムのコピーが一致しません。 これは、ページングエラーの可能性があります。 このパラメータを使用したバグチェックは、Driver Verifierのディスクの整合性チェックオプションが有効なときにだけ発生します。
0xB0(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) MDLアドレス MDLのフラグ 誤ったMDLのフラグ
0xB1(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) MDLアドレス MDLのフラグ 誤ったMDLのフラグ
0xB2(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) MDLアドレス MDLのフラグ 誤ったMDLのフラグ
0xB3(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) MDLアドレス MDLのフラグ 行方不明MDLフラグ(少なくとも一方が期待されていた)
0xB4(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) MDLアドレス MDLのフラグ 予期しない部分的なMDLフラグ
0xC0(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) IRPのアドレス 予約済み 予約済み
0xC1(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ドライバ・ディスパッチ・ルーチンのアドレス 予約済み 予約済み ドライバのディスパッチルーチンは、割り込みを無効にして返されました。
0xC2(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) 予約済み 予約済み 予約済み 割り込みが無効化された後、ドライバーは、高速I/Oディスパッチルーチンを呼び出した。
0xC3(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ファストドライバーのアドレスのI/Oディスパッチルーチン 予約済み 予約済み ドライバの高速I/Oディスパッチルーチンは、割り込みを無効にして返されました。
0xC5(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ドライバ・ディスパッチ・ルーチンのアドレス 現在のスレッドのAPCは、カウントを無効にする スレッドのAPCは、ドライバのディスパッチルーチンを呼び出す前に、カウント無効化 ドライバのディスパッチルーチンは、スレッドのAPCがカウントを無効に変更されました。
0xC6(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ファストドライバーのアドレスのI/Oディスパッチルーチン 現在のスレッドのAPCは、カウントを無効にする スレッドのAPCは、高速I/Oドライバのディスパッチルーチンを呼び出す前にカウント無効化 高速I/Oディスパッチルーチンは、スレッドのAPCを変更したドライバは、カウントを無効にします。 APC無効カウントはドライバが呼び出されるたびにデクリメントさKeEnterCriticalRegion、FsRtlEnterFileSystemまたはmutexを獲得します。 APC無効カウントはドライバが呼び出されるたびにインクリメントされKeLeaveCriticalRegion、KeReleaseMutexまたはFsRtlExitFileSystemを獲得します。 これらの呼び出しは常にペアでなければならないので、APCはスレッドが終了するたびにカウントがゼロであるべきです。 負の値は、ドライバがそれらを再有効化することなく、APCの呼び出しを無効にしていることを示しています。 正の値は逆が真であることを示します。
0xCA(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ルックアサイド・リストのアドレス 予約済み 予約済み ドライバは再初期化ルックアサイド・リストしようとしました。
0xCB(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ルックアサイド・リストのアドレス 予約済み 予約済み ドライバは初期化されていないルックアサイド・リストを削除しようとしました。
0xCC(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ルックアサイド・リストのアドレス プール割り当ての開始アドレス プール割り当てのサイズ ドライバは、アクティブ・ルックアサイド・リストが含まれているプールの割り当てを解放しようとしました。
0xCD(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ルックアサイド・リストのアドレス 呼び出し側で指定されたブロック・サイズ サポートされる最小ブロックサイズ ドライバーが小さすぎるアロケーションブロックサイズを持つルックアサイド・リストを作成しようとしました。
0xD0(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ERESOURCE構造体のアドレス 予約済み 予約済み ドライバは再初期化ERESOURCE構造にしようとしました。
0xD1(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ERESOURCE構造体のアドレス 予約済み 予約済み ドライバは初期化されていないERESOURCE構造を削除しようとしました。
0xD2(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ERESOURCE構造体のアドレス プール割り当ての開始アドレス プール割り当てのサイズ ドライバは、アクティブERESOURCE構造が含まれてプールの割り当てを解放しようとしました。
0xD5(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) IO_REMOVE_LOCK構造体のアドレスは、ドライバのチェックビルドバージョンによって作成されました。 現在IoReleaseRemoveLockのタグ 予約済み
0xD6(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) IO_REMOVE_LOCK構造体のアドレスは、ドライバのチェックビルドバージョンによって作成されました。 以前一致しないタグIoAcquireRemoveLockのタグ IoAcquireRemoveLockのタグ
0xD7(Windowsの7operatingシステムおよびそれ以降) Driver Verifierはによって内部的に使用されるチェック外しビルドロック構造体のアドレス ドライバーによって指定された削除ロック構造体のアドレス 予約済み 削除ロックは、それが呼び出した後でも、再初期化することができません。
0xDA(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) ドライバの開始アドレス ドライバ内部のWMIコールバックアドレス 予約済み WMIのコールバック関数を登録抹消しないドライバをアンロードしようとしました。
0xDB(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) デバイスオブジェクトのアドレス 予約済み 予約済み WMIから登録解除ではありませんでしたデバイスオブジェクトを削除しました。
0xDC(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) 予約済み 予約済み 予約済み
0xDD(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) EtwRegister呼び出しのアドレス アンロードドライバの開始アドレス 8Windows8以降のバージョンの場合、このパラメーターは、ETW RegHandle値です。 呼び出さずにドライバをアンロードしましたEtwUnregister
0xDF(Windows7およびそれ以降) 同期オブジェクトのアドレス 同期オブジェクトは、セッションのアドレス空間になっています。 それらは別のセッションから、セッションまたは仮想アドレス空間を持っていないシステムのスレッドから操作することができるので、 同期オブジェクトは、セッション・アドレス空間では許可されません。
0xE0(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) パラメータとして使用されているユーザーモードアドレス パラメータとして使用されているアドレス範囲のサイズ(バイト単位) 予約済み コー??ルは、パラメータとしてユーザーモードアドレスを指定したオペレーティング・システム・カーネル関数にしました。
0xE1(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) 同期オブジェクトのアドレス 予約済み 予約済み 同期オブジェクトが無効か、ページング可能であったアドレスを持っていることがわかった。
0xE2(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) IRPのアドレス IRPの現在のユーザーモードアドレス 予約済み
0xE3(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) APIへの呼び出しのアドレス APIのパラメータとして使用するユーザーモードアドレス 予約済み
0xE4(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) APIへの呼び出しのアドレス 不正な形式のUNICODE_STRING構造体のアドレス 予約済み
0xE5(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) 現在のIRQL 予約済み 予約済み ドライバは、パラメータとして不正な形式のUNICODE_STRING構造体とカーネルモードZw xxx のルーチンへの呼び出しを行っています。
0xEA(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) 現在のIRQL スレッドのAPCは、カウントを無効にする pushlockのアドレス コー??ルが誤ったIRQLでカーネルAPIに行われました。
0xEB(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) 現在のIRQL スレッドのAPCは、カウントを無効にする pushlockのアドレス ドライバは、APCが有効になっている間pushlockを取得しようとしました。
0xF0(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) 宛先バッファのアドレス ソース・バッファのアドレス コピーするバイト数 ドライバは、APCが有効になっている間pushlockを解放しようとしました。
0xF5(Windows Vistaおよびそれ以降のオペレーティングシステム) NULLハンドルのアドレス オブジェクト・タイプ 予約済み
0xF6(Windows7およびそれ以降) 参照されている値を処理 現在のプロセスのアドレス 間違った参照を行うドライバ内部アドレス カーネルモードドライバとして参照は、ユーザーモードハンドル。
0xF7(Windows7およびそれ以降) 呼び出し側で指定された値を処理 呼び出し側で指定されたオブジェクト・タイプ 呼び出し元が指定したAccessMode ドライバは、システムプロセスのコンテキストでカーネルハンドル用のユーザーモードの参照をしようとしています。
0xFA(Windows7およびそれ以降) 完了ルーチンのアドレス 完了ルーチンを呼び出す前のIRQLの値 完了ルーチンを呼び出した後、現在のIRQLの値 IRPの完了ルーチンは、ルーチンで呼ば??れていたIRQLが異なっていたIRQLで返されました。
0xFB(Windows7およびそれ以降) 完了ルーチンのアドレス。 現在のスレッドのAPCは、カウントを無効にする IRP完了ルーチンを呼び出す前に、スレッドのAPCをカウントを無効
0x105(Windows7およびそれ以降) IRPのアドレス     ドライバはIRPを解放するのではなく、IoFreeIrp ExFreePoolを使用しています。
0x10A(Windows7およびそれ以降) ドライバは、アイドルプロセスにプールクォータをチャージしようとします。
0x10B(Windows7およびそれ以降)   ドライバは、DPCルーチンからプールクォータをチャージしようとします。 現在のプロセス・コンテキストが定義されていないため、これは誤りです。
0x110(Windows7およびそれ以降) 割り込みサービス・ルーチンのアドレス ISRを実行する前に保存された拡張コンテキストのアドレス ISRを実行した後に拡張コンテキストのアドレスが保存されました。 ドライバの割り込みサービス・ルーチン(ISR)が拡張されたスレッドのコンテキストを破損しました。
0x115(Windows7およびそれ以降) デッドロックする可能性がありシャットダウンに責任があるスレッドのアドレス     Driver Verifierシステムは、20分以上シャットダウンが完了していないことを検出しました。
0x11A(Windows7およびそれ以降) 現在のIRQL     ドライバは、IRQL> APC_LEVELでKeEnterCriticalRegionを呼び出します。
0x11B(Windows7およびそれ以降) 現在のIRQL     ドライバは、IRQL> APC_LEVELでKeLeaveCriticalRegionを呼び出します。
0x120(Windows7およびそれ以降) IRQLの値のアドレス 待機するオブジェクトのアドレス イムアウト値のアドレス スレッドは、IRQL> DISPATCH_LEVELで待機します。 KeWaitForSingleObjectまたはKeWaitForMultipleObjectsの呼び出し元は、IRQL <= DISPATCH_LEVELで実行する必要があります。
0x121(Windows7およびそれ以降) IRQLの値のアドレス 待機するオブジェクトのアドレス イムアウト値のアドレス スレッドは、IRQLがDISPATCH_LEVELに等しく待機とタイムアウトはNULLです。
0x122(Windows7およびそれ以降) IRQLの値のアドレス 待機するオブジェクトのアドレス イムアウト値のアドレス スレッドがDISPATCH_LEVELで待機し、タイムアウト値は0に等しくありません。
0x123(Windows7およびそれ以降) 待機するオブジェクトのアドレス     KeWaitForSingleObjectまたはユーザモードとして待機を指定。 KeWaitForMultipleObjectsの呼び出し元が、オブジェクトは、カーネルスタック上にあります。
0x130(Windows7およびそれ以降) work itemのアドレス     work item は、セッション・アドレス空間にあります。 それらは別のセッションから、セッションまたは仮想アドレス空間を持っていないシステムのスレッドから操作することができるので、 work item は、セッションのアドレス空間では許可されません。
0x131 work itemのアドレス     work itemは、ページング可能なメモリになっています。 カーネルがDISPATCH_LEVELでそれらを使用するための作業項目は、ページング不可能なメモリーになっている必要があります。
0x135 IRPのアドレス 間で許容されるミリ秒数IoCancelIrpの呼び出しとこのIRPの完了   キャンセルIRPはドライバがキャンセルIRPを完了するのに予想以上に時間がかかった期待時間内に完了しませんでした。
0x13A 解放されてプール・ブロックのアドレス 不正な値 誤った値のアドレス ExFreePoolとDriver Verifierは、プールの使用状況を追跡するために使用される内部のいずれかの値でエラーを検出します。
0x13B 解放されてプール・ブロックのアドレス 誤った値のアドレス 誤ったメモリページへのポインタのアドレス ExFreePoolとDriver Verifierは、プールの使用状況を追跡するために使用される内部のいずれかの値でエラーを検出します。
0x13C 解放されてプール・ブロックのアドレス 不正な値 誤った値のアドレス ExFreePoolとDriver Verifierは、プールの使用状況を追跡するために使用される内部のいずれかの値でエラーを検出します。
0x13D 解放されてプール・ブロックのアドレス 誤った値のアドレス 期待された正しい値 ExFreePoolとDriver Verifierは、プールの使用状況を追跡するために使用される内部のいずれかの値でエラーを検出します。
0x13E 呼び出し側で指定されたプール・ブロック・アドレス プールのブロック・アドレスは、Driver Verifierによって追跡 Driver Verifierはによって追跡されているプールのブロック・アドレスを指すポインタ 呼び出し側で指定されたプール・ブロック・アドレスExFreePoolは Driver Verifierは追跡アドレスとは異なります。
0x13F 解放されてプール・ブロックのアドレス 解放されるバイト数 Driver Verifierによって追跡されたバイト数へのポインタ 呼び出しで解放されたメモリのバイト数ExFreePoolは、 Driver Verifierはによって追跡されたバイト数とは異なります。
0x1000(Windows XPおよびそれ以降のオペレーティングシステム) リソースのアドレス 予約済み 予約済み 自己デッドロック:現在のスレッドが再帰的にリソースを取得しようとしています。
0x1001(Windows XPおよびそれ以降のオペレーティングシステム) デッドロックの最終的な原因であったリソースのアドレス 予約済み 予約済み デッドロック:ロック階層の違反が発見されました。
0x1002(Windows XPおよびそれ以降のオペレーティングシステム) リソースのアドレス 予約済み 予約済み 初期化されていないリソース:リソースが最初に初期化されなかった。
0x1003(Windows XPおよびそれ以降のオペレーティングシステム) デッドロックリリースされているリソースのアドレス 最初にリリースされているはずのリソースのアドレス 予約済み 予期せぬリリース:リソースが不適切な順序でリリースされました。
0x1004(Windows XPおよびそれ以降のオペレーティングシステム) リソースのアドレス リソースを取得したスレッドのアドレス 現在のスレッドのアドレス 予期しないスレッド:間違ったスレッドがリソースを解放します。
0x1005(Windows XPおよびそれ以降のオペレーティングシステム) リソースのアドレス 予約済み 予約済み 複数の初期化:リソースが複数回初期化されます。
0x1007(Windows XPおよびそれ以降のオペレーティングシステム) リソースのアドレス 予約済み 予約済み 未取得の資源:リソースが解放されます。
0x1008(Windows 7のオペレーティングシステムおよびそれ以降) アドレスを固定 Driver Verifierの内部データ Driver Verifierの内部データ ドライバは、このロックタイプのミスマッチであるAPIを使用してロックを取得しようとしました。
0x1009(Windows 7のオペレーティングシステムおよびそれ以降) アドレスを固定 Driver Verifierの内部データ Driver Verifierの内部データ ドライバは、このロックタイプのミスマッチであるAPIを使用してロックを解放しようとしました。
0x100A(Windows 7のオペレーティングシステムおよびそれ以降) 所有するスレッドアドレス Driver Verifierの内部データ   終了スレッドがロックを所有しています。
0x100B(Windows 7のオペレーティングシステムおよびそれ以降) アドレスを固定 所有するスレッドアドレス Driver Verifierの内部アドレス 削除されたロックは、まだスレッドが所有しています。
0x2000(Windows 7のオペレーティングシステムおよびそれ以降) 最初の引数が渡されたStorPortInitializeルーチン。 第二引数に渡されるStorPortInitializeルーチン。 予約済み Storportミニポートドライバは、不正な引数(NULLポインタ)を渡すStorPortInitializeルーチン。
0x20002〜0x2001F 違反したルール条件を記述する文字列へのポインタ。 ルールの状態変数(複数可)へのオプションのポインタ。 予約済み ドライバは、DDIのコンプライアンスルール違反

原因
原因の説明のためのパラメータセクション内の各コードの説明を参照してください。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560187(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?