ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x000000CA PNP_DETECTED_FATAL_ERROR

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000CA PNP_DETECTED_FATAL_ERROR

0x000000CA PNP_DETECTED_FATAL_ERROR

STOP:0x000000CA PNP_DETECTED_FATAL_ERRORエラーの概要です。
これは、プラグアンドプレイマネージャは、プラグアンドプレイドライバで重大なエラーが発生したことを示します。

PNP_DETECTED_FATAL_ERRORパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。 パラメータ1は違反のタイプを識別します。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x1 新たに報告されたPDOのアドレス 重複している年上のPDOのアドレス 予約済み PDOを複製:ドライバーの特定のインスタンスが同一のデバイスIDと一意のIDを持つ複数のPDOを列挙しました。
0x2 主張されたPDOのアドレス ドライバオブジェクトのアドレス 予約済み 無効なPDO:PDOがランダムメモリを搭載した、またはFDOを持つ、または初期化されていないPDOで呼ばれたAPI
0x3 IDが照会されたPDOのアドレス IDのバッファのアドレス 1:DeviceID
2:UniqueID
3:HardwareIDs
4:CompatibleIDs
0x4 DOE_DELETE_PENDINGセットを持つPDOのアドレス 予約済み 予約済み 削除されたPDOの無効な列挙値:列挙子は、それが以前にIoDeleteDeviceを使用して削除したPDOを返されました。
0x5 PDOのアドレス 予約済み 予約済み devnodeツリーにリンクされた状態で、PDOは解放:devnodeがまだツリーにリンクされている間、 PDOのオブジェクトマネージャの参照カウントがゼロに低下しました。
0x8 スタック無効のバスの関係を返さPDOのアドレス バスの関係として返さPDOの総数 最初のNULL PDOが見つかった位置のインデックス(ゼロから始まる) バス上に存在するデバイスの1つ以上がNULL PDOは次のとおりです。NULLポインタは、バスの関係として返されます 。
0x9 渡された接続の種類 予約済み 予約済み 無効な接続タイプはIoDisconnectInterruptExに渡される: ドライバはIoDisconnectInterruptExに無効な接続タイプを可決しました。 このルーチンに渡される接続タイプはIoConnectInterruptExに対応するシステムコールが成功した場合に返されたものと一致する必要があります。
0xA ドライバオブジェクト ドライバのコールバックから戻った後のIRQL 結合されたAPCはドライバのコールバックから戻った後にカウントを無効にする 誤ったコールの動作を通知する:ドライバは、 IRQLまたは組み合わせAPCはプラグアンドプレイの通知を横切っカウントを無効にする保存していなかった。
0xB 関連PDO 取り外し関係 予約済み 関係として報告され削除されたPDO:削除するデバイスの取り外し関係の1つは既に削除されています。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560209(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?