ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

0x000000CD PAGE_FAULT_BEYOND_END_OF_ALLOCATION

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000CD PAGE_FAULT_BEYOND_END_OF_ALLOCATION

0x000000CD PAGE_FAULT_BEYOND_END_OF_ALLOCATION

STOP:0x000000CD PAGE_FAULT_BEYOND_END_OF_ALLOCATIONエラーの概要です。
これは、システムはいくつかのドライバのプール割り当ての終わりを超えてメモリにアクセスしたことを示しています。

PAGE_FAULT_BEYOND_END_OF_ALLOCATIONパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
メモリアドレスが参照された

第二パラメータ
0:読出し
1:書込み

第三パラメータ
そのメモリを参照しました(既知の場合)アドレス

第四パラメータ
予約済み

原因
ドライバが特別なプールからメモリのnバイトを割り当てました。 続いて、システムはこのプールから複数のnバイトを参照しました。 これは通常、システムドライバの同期の問題を示しています。 特別なプールの詳細については、Windows Driver KitのDriver Verifierのセクションを参照してください。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560219(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?