ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

0x000000D1 DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000D1 DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL

0x000000D1 DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL

STOP:0x000000D1 DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUALエラーの概要です。
これは、カーネルモードドライバが高すぎたプロセスIRQLでページング可能なメモリにアクセスしようとしていることを示します。

DRIVER_CORRUPTED_MMPOOLパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
メモリを参照

第二パラメータ
参照時のIRQL

第三パラメータ
0:読出し
1:書込み
8:実行

第四パラメータ
メモリを参照

原因
ドライバは、IRQLが高すぎた間(またはそれが完全に無効になります)ページング可能なアドレスにアクセスしようとしました。 このバグチェックは通常、不適切なアドレスを使用しているドライバによって引き起こされます。 最初のパラメータは実行する操作を示している第四パラメータと同じ値、3番目のパラメータを持っている場合、 このバグチェックは、おそらくコード自体はページアウトされたときにコードを実行しようとしていたドライバーによって引き起こされます。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560244(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?