ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x000000D2 BUGCODE_ID_DRIVER

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000D2 BUGCODE_ID_DRIVER

0x000000D2 BUGCODE_ID_DRIVER

STOP:0x000000D2 BUGCODE_ID_DRIVERエラーの概要です。
これは、問題がNDISドライバで発生したことを示します。

BUGCODE_ID_DRIVERパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。 このバグチェックが発生する前に、メッセージがDbgPrintバッファに送られます。 デバッガが接続されている場合このメッセージが表示されます。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
ミニブロックのアドレス 要求されたバイト数 0 1 隆起したIRQLで共有メモリを割り当てる。
ミニブロックのアドレス NdisMResetCompleteに提出されたステータス値 NdisMResetCompleteに提出AddressingReset値 0 1が保留中でないときにNdisMResetComplete呼ばれるドライバはリセットが完了しますが、リセットは保留されていません。
ミニブロックのアドレス アドレスを含むメモリ・ページは解放されて 共有メモリの署名のアドレス 仮想アドレスが解放 割り当てられていない共有メモリを解放します。
ミニブロックのアドレス 誤ってパケット配列に格納されたパケットのアドレス パケット配列のアドレス 配列内のパケット数 パケットは、それが所有していないことを示します。
MiniBlockのアドレス ドライバオブジェクトのアドレス 0 0 NdisAddDevice:AddDeviceがNdisMiniDriverListにないMiniBlockに呼ばれる。
MiniBlockのアドレス MiniBlockの参照カウント 0 0 NdisMUnload:MiniBlockはアンロードされ、NdisMiniDriverListに残っている。
ミニブロックのアドレス メモリページ ラッパーのコンテキスト 共有メモリの署名のアドレス 過去に割り当てられた共有メモリを上書きしました。 書き込まれているアドレスは、NDIS共有メモリに配置されていません。

このバグチェックの次のインスタンスでは、パラメータの意味は、メッ??セージとパラメータ4の値に依存します。
第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
ミニブロックのアドレス ミニポート割り込みのアドレス ミニタイマーキューのアドレス 1 割り込みを登録解除せずにアンロードしています。ミニポートドライバは、割り込みの登録を解除しなくても初期化に失敗しました。
ミニブロックのアドレス ミニタイマーキューのアドレス ミニポート割り込みのアドレス 2 割り込みを登録解除せずにアンロードしています。ミニポートドライバが停止処理中にその割り込みの登録を解除しませんでした。
ミニブロックのアドレス ミニポート割り込みのアドレス ミニタイマーキューのアドレス 1 タイマーの登録を解除せずにアンロードしています。 ミニポートドライバが正常にすべてのタイマーをキャンセルせずに、その初期化に失敗しました。
ミニブロックのアドレス ミニタイマーキューのアドレス ミニポート割り込みのアドレス 2 タイマーの登録を解除せずにアンロードしています。ミニポートドライバが正常にすべてのタイマーをキャンセルせずに停止した。

備考
このバグチェックコードは、Windows 2000とWindows XPでのみ発生します。 Windows Server 2003およびそれ以降は、対応するコードは、バグチェック0x7C (BUGCODE_NDIS_DRIVER)です。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560249(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?