ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

0x000000D8 DRIVER_USED_EXCESSIVE_PTES

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000D8 DRIVER_USED_EXCESSIVE_PTES

0x000000D8 DRIVER_USED_EXCESSIVE_PTES

STOP:0x000000D8 DRIVER_USED_EXCESSIVE_PTESエラーの概要です。
これは、残りのない、より多くのシステムページテーブルエントリ(PTE)が存在することを示します。

DRIVER_USED_EXCESSIVE_PTESパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
エラーの原因となったドライバ(Unicode文字列)の名前、またはゼロを指すポインタ

第二パラメータ
エラーの原因となったドライバによって使用されるPTEの数(パラメータ1が0??でない場合)

第三パラメータ
合計空きシステムPTE
0

第四パラメータ
トータルシステムPTE

原因
これは通常、適切にメモリ使用量をクリーンアップしないドライバが原因で発生します。 パラメータ1はほとんどのPTEを消費しているドライバを示しています。 呼び出しスタックは、実際にバグチェックが発生する原因となったドライバが明らかになります。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560271(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?