ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

0x000000DA SYSTEM_PTE_MISUSE

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000DA SYSTEM_PTE_MISUSE

0x000000DA SYSTEM_PTE_MISUSE

STOP:0x000000DA SYSTEM_PTE_MISUSEエラーの概要です。
これは、ページテーブルエントリ(PTE)ルーチンが不適切な方法で使用されたことを示します。

SYSTEM_PTE_MISUSEパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。 パラメータ1は違反のタイプを示します。 他のパラメータの意味はパラメータ1の値に依存します。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x01 内部ロックの追跡構造体のアドレス メモリ記述子リストのアドレス 重複した内部ロックの追跡構造体のアドレス 解放されたマッピングが重複しています。
0x02 内部ロックの追跡構造体のアドレス システムが解放することを想定しているマッピングの数 ドライバが解放を要求していることのマッピングの数 解放されるマッピングの数が正しくありません。
0x03 第一内部トラッキング構造体のアドレスが見つかりました。 システムが解放することを想定しているマッピングアドレス ドライバが解放を要求していることのマッピングの数 解放されたマッピングアドレスが間違っています。
0x04 内部ロックの追跡構造体のアドレス システムが想定しているページフレーム番号は、MDLの最初でなければなりません。 MDL内に現在ある最初のページ・フレーム番号 MDLをマップしてからマップされたMDLの最初のページが変更されました。
0x05 第一内部トラッキング構造体のアドレスが見つかりました。 システムが解放することを想定している仮想アドレス ドライバが解放を要求していることを仮想アドレス MDLをマップしてから解放されたMDLの開始仮想アドレスが変更されました。
0x06 ドライバーによって指定されたMDL ドライバーによって指定された仮想アドレス フリーのマッピングの数(ドライバによって指定されます) 解放されたMDLは(あるいは現在使用されていない)は、マッピングされていませんでした。
0x07 初期マッピング マッピングの数 予約済み マッピングの範囲は二重配分されている。(Windows 2000のみ)
0x08 初期マッピング 呼び出し側が解放されているマッピングの数 システムが考えるマッピングの数は解放されるべきである。 呼び出し側は、マッピングの数が誤って解放するよう求めている。(Windows 2000のみ)
0x09 初期マッピング 呼び出し側が解放しているマッピングの数 システムが考えているマッピングインデックスにはすでにフリーです。 発信者は複数のマッピングを解放するために求めているが、そのうちの少なくとも1が割り当てられていません。(Windows 2000のみ)
0x0A 1:MDLの"障害発生時にバグチェック"要求されたドライバー
0:ドライバは、MDLの"失敗した場合にバグチェック"を要求しませんでした。
呼び出し元が割り当てされているマッピングの数 マッピングプールのタイプは、要求された 発信者が0のマッピングを割り当てるように求めています。(Windows 2000のみ)
0x0B 破損したマッピング 呼び出し元が割り当てされているマッピングの数 マッピングプールのタイプは、要求された マッピングリストはこの割り当ての時点ですでに壊れていました。 破損したマッピングが可能な限り低いマッピングアドレスの下に位置しています。(Windows 2000のみ)
0x0C 破損したマッピング 呼び出し元が割り当てされているマッピングの数 マッピングプールのタイプは、要求された マッピングリストはこの割り当ての時点ですでに壊れていました。 破損したマッピングが可能な限り低いマッピングアドレスの上に位置しています。(Windows 2000のみ)
0x0D 初期マッピング 呼び出し元が割り当てされているマッピングの数 マッピングプールのタイプ 発信者が0のマッピングを解放しようとしています。(Windows 2000のみ)
0x0E 初期マッピング 呼び出し元が割り当てされているマッピングの数 マッピングプールのタイプ 発信者が自由にマッピングしようとしていますが、ガード・マッピングは上書きされています(Windows 2000のみ)。
0x0F 存在しないマッピング 呼び出し側が解放しようとしているマッピングの数 マッピングプールのタイプが解放 (Windows 2000のみ)発信者が存在しないマッピングを解放しようとしています。 存在しないマッピングが可能な限り低いマッピングアドレスの下に位置しています。
0x10 存在しないマッピング 呼び出し側が解放しようとしているマッピングの数 マッピングプールのタイプが解放 (Windows 2000のみ)発信者が存在しないマッピングを解放しようとしています。 実在のマッピングが可能な限り最高のマッピングアドレスも上方に位置しています。
0x11 存在しないマッピング 呼び出し側が解放しようとしているマッピングの数 マッピングプールのタイプが解放 (Windows 2000のみ)発信者が存在しないマッピングを解放しようとしています。 存在しないマッピングはマッピングアドレス空間のベースにあります。
0x100 マッピングが要求されている数 発信者の識別タグ このルーチンの呼び出し元を呼び出したルーチンのアドレス (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者が0のマッピングを要求され??た。
0x101 最初のマッピングアドレス 発信者の識別タグ 所有者を識別するためのタグ (Windows XPおよびそれ以降のみ)呼び出し側が所有していないマッピングアドレス範囲を解放しようとしています。
0x102 最初のマッピングアドレス 発信者の識別タグ 予約済み (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者が自由にしようとしているマッピングアドレス空間は明らかに空になっています。
0x103 無効なマッピングのアドレス 発信者の識別タグ マッピングアドレス空間内のマッピングの数 (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者が自由にしようとしているマッピングアドレス空間はまだ予約されています。
0x104 最初のマッピングアドレス 発信者の識別タグ 所有者を識別するためのタグ (Windows XPおよびそれ以降のみ)呼び出し側が所有していないマッピングのアドレス空間へのMDLをマップしようとしています。
0x105 最初のマッピングアドレス 発信者の識別タグ 予約済み (Windows XPおよびそれ以降のみ)呼び出し側が無効なマッピングアドレス空間にMDLをマップしようとしています。 呼び出し元は、ほとんど可能性が無効なアドレスが指定されています。
0x107 最初のマッピングアドレス 非空のマッピングのアドレス 最後のマッピングアドレス (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者が適切に確保されていないマッピングアドレス空間にMDLをマップしようとしています。
0x108 最初のマッピングアドレス 発信者の識別タグ 所有者を識別するためのタグ (Windows XPおよびそれ以降のみ)呼び出し側が所有していないロックされたマッピングアドレス空間のマッピングを解除しようとしています。
0x109 最初のマッピングアドレス 発信者の識別タグ 予約済み (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者が明らかに空でロックされている仮想アドレス空間のマッピングを解除しようとしています。
0x10A 最初のマッピングアドレス ロックされたマッピングアドレス空間内のマッピングの数 アンマップへのマッピングの数 (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者が実際にロックされたマッピングアドレス空間に存在するよりも複数のマッピングのマッピングを解除しようとしています。
0x10B 最初のマッピングアドレス 発信者の識別タグ アンマップへのマッピングの数 (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者が現在マッピングされていないロックされている仮想アドレス空間の部分をマップ解除しようとしています。
0x10C 最初のマッピングアドレス 発信者の識別タグ アンマップへのマッピングの数 (Windows XPおよびそれ以降のみ)呼び出し元がロックされたマッピングアドレス空間全体をマップ解除されていません。
0x200 最初のマッピングアドレス 0 0 (Windows XPおよびそれ以降のみ)、呼び出し側はマッピングを保持しないマッピングアドレス空間を予約しようとしています。
0x201
0x201
引当金への最初のマッピングアドレス すでに予約されているマッピングのアドレス 予約へのマッピングの数 (Windows XPおよびそれ以降のみ)呼び出し側が準備しようとしているマッピングの1つは、既に予約されています。
0x300 リリースした最初のマッピングアドレス 0 0 (Windows XPおよびそれ以降のみ)、呼び出し側はマッピングを保持しないマッピングアドレス空間を解放しようとしています。
0x301 マッピングのアドレス 0 0 (Windows XPおよびそれ以降のみ)呼び出し側は、解放するために許可されていないことのマッピングを解放しようとしている。
0x302 呼び出し側が解放しようとしているアドレスです。 予約済み 予約済み 呼び出し元が現在マッピングされていないシステムアドレスを解放しようとしています。
0x303 最初のマッピングアドレス 解放するためにマッピングの数 0 (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者が予約されていませんでしたマッピングアドレス範囲を解放しようとしています。
0x304 最初のマッピングアドレス 解放するためにマッピングの数 0 (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者が別の配分の途中から開始したマッピングアドレス範囲を解放しようとしています。
0x305 最初のマッピングアドレス 呼び出し側が解放しようとしているマッピングの数 解放されるべきであるマッピングの数 (Windows XPおよびそれ以降のみ)呼び出し側は、マッピングの数が間違って解放しようとしています。
0x306 最初のマッピングアドレス フリーマッピングアドレス 解放するためにマッピングの数 (Windows XPおよびそれ以降のみ)呼び出し側が解放しようとしているマッピングの一つはすでにフリーです。
0x400 I/O空間へのマッピングのベースアドレス 解放されるページ数 0 (Windows XPおよびそれ以降のみ)発信者がシステムが認識していないこと、I/O空間へのマッピングを解放しようとしています。

原因
エラーは、パラメータ1の値で示されます。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560282(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?