ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

0x000000E4 WORKER_INVALID

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000E4 WORKER_INVALID

0x000000E4 WORKER_INVALID

STOP:0x000000E4 WORKER_INVALIDエラーの概要です。
これは、基幹ワーカー・アイテムを含むべきでないメモリが、そのような項目を含んでいるか、または現在アクティブなワーカー・アイテムがキューに入ったことを示します。

WORKER_INVALIDパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。 パラメータ1は、コードの位置を示します。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x0 ワーカーアイテムのアドレス プールブロックの開始 プール・ブロックの終わり アクティブなワーカー・アイテムが解放されました。
0x1 ワーカーアイテムのアドレス キュー番号 0 アクティブなワーカー・アイテムがキューに入れられました。
0x2 ワーカーアイテムのアドレス I/Oのワーカールーチンのアドレス 0 キューに入れられたI/Oワーカーアイテムが解放されました。
0x3 ワーカーアイテムのアドレス 無効なオブジェクトのアドレス 0 試みは無効なオブジェクトを使用してI/Oワーカーアイテムを初期化しました。

原因
これは通常、まだ実行ワーカーアイテムが含まれているメモリを解放するドライバによって引き起こされます。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560336(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?