ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

0x000000E7 INVALID_FLOATING_POINT_STATE

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x000000E7 INVALID_FLOATING_POINT_STATE

0x000000E7 INVALID_FLOATING_POINT_STATE

STOP:0x000000E7 INVALID_FLOATING_POINT_STATEエラーの概要です。
これは、スレッドの保存された浮動小数点状態が無効であることを示します。

INVALID_FLOATING_POINT_STATEパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。 パラメータ1は妥当性チェックに失敗したかを示します。 パラメータ4は使用されません。他のパラメータの意味はパラメータ1の値に依存します。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ エラーの原因
0x0 フラグフィールド 0 保存されたコ??ンテキストフ??ラグフィールドが無効です。 どちらFLOAT_SAVE_VALIDを設定したり、いくつかの予約ビットは0ではありません。
0x1 保存されたIRQL 現在のIRQL 現在のプロセッサのIRQLとは、浮動小数点コンテキストを保存したときと同じではありません。
0x2 この浮動小数点コンテキストを所有しているスレッドの保存されたアドレス 現在のスレッド 保存されたコ??ンテキストは、現在のスレッドに属していません。

原因
スレッドごとにあらかじめ保存しておいた浮動小数点状態をリストアする際に、状態が無効であることが判明しました。 パラメータ1は妥当性チェックに失敗したかを示します。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff560344(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?