ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000101 CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000101 CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT

0x00000101 CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT

STOP:0x00000101 CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUTエラーの概要です。
これは、セカンダリプロセッサ上で期待されるクロック割り込みは、 マルチプロセッサシステムでは割り当てられた時間内で受信しなかったことを示します。

CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUTパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
公称クロック刻みでクロック割り込みタイムアウト間隔

第二パラメータ
0

第三パラメータ
応答しないプロセッサ用のプロセッサ制御ブロック(PRCB)のアドレス

第四パラメータ
0

原因
指定されたプロセッサは割り込みを処理していません。 プロセッサが応答しない場合、またはデッドロックされているときに、通常これは発生します。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557211(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?