ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000103 MUP_FILE_SYSTEM

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000103 MUP_FILE_SYSTEM

0x00000103 MUP_FILE_SYSTEM

STOP:0x00000103 MUP_FILE_SYSTEMエラーの概要です。
これは、複数のUNCプロバイダ(MUP)が無効であるか、または予期しないデータが発生したことを示します。 その結果、MUPはネットワークリダイレクタ、汎用名前付け規則(UNC)プロバイダにリモートファイルシステム要求を導くことはできません。

MUP_FILE_SYSTEMパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。
パラメータ1は違反のタイプを識別します。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x1 保留中のIRPのアドレス ファイルコンテキストフ??ァイルオブジェクトのアドレスが見つかりませんでした。 デバイスオブジェクトのアドレス。 MUPはファイル・オブジェクトに対応するファイルのコンテキストを見つけられませんでした。 これは通常、MUPは対応IRP_MJ_CREATE要求が表示されませんでした。MUPのファイルオブジェクトのI/O要求を見ていることを示しています。 このバグチェックの可能性の高い原因は、フィルタドライバのエラーです。
0x2 予想されるファイルコンテキストのアドレス 実際にファイルオブジェクトから取得したアドレスを指定します。 予約済み ファイルコンテキストはファイルオブジェクトのために存在することが知られていますが、 (例えば、それがNULLであるかもしれません)期待されたものではありませんでした。
0x3 IRPのコンテキストのアドレス IRPの完了ステータスコード (NULLかもしれない)IRPを完了UNCプロバイダのドライバオブジェクト IRPの完了状況は予期しない、または無効でした。
0x4 IRPのアドレス ファイルオブジェクトのアドレス ファイル・オブジェクトのファイルコンテキスト ファイル・オブジェクトの作成要求が完了する前にI/O操作は、ファイルオブジェクトを使用して起動しました。

備考
MUPはそれが扱うすべてのファイルオブジェクトに対して、ファイル単位、オブジェクト単位でコンテキスト情報を保持しています。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557215(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?