ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000108 THIRD_PARTY_FILE_SYSTEM_FAILURE

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000108 THIRD_PARTY_FILE_SYSTEM_FAILURE

0x00000108 THIRD_PARTY_FILE_SYSTEM_FAILURE

STOP:0x00000108 THIRD_PARTY_FILE_SYSTEM_FAILUREエラーの概要です。
これは、回復不能な問題は、サードパーティ製のファイル・システムまたはファイル・システム・フィルターで起こったことを示します。

THIRD_PARTY_FILE_SYSTEM_FAILUREパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
失敗したファイル・システムを識別します。可能な値は次のとおりです。
1:Polyserve(Psfs.sys)

第二パラメータ
例外レコードのアドレス

第三パラメータ
コンテキスト・レコードのアドレス

第四パラメータ
予約済み

原因
このバグチェックの原因の1つは、ディスクの破損です。サードパーティのファイル・システムやハードディスクの不良ブロック(セクタ)の破損は、 このエラーを誘発することができます。破損したSCSIおよびIDEドライバも悪影響ためエラーの原因となって、 ディスクに読み書きするWindowsオペレーティングシステムの能力に影響を与えることがあります。

他に考えられる原因は、非ページプールメモリの枯渇です。 非ページプールが完全に消耗している場合、このエラーは、システムを停止することがあります。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557225(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?