ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000010C FSRTL_EXTRA_CREATE_PARAMETER_VIOLATION

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000010C FSRTL_EXTRA_CREATE_PARAMETER_
VIOLATION

0x0000010C FSRTL_EXTRA_CREATE_PARAMETER_
VIOLATION

STOP:0x0000010C FSRTL_EXTRA_CREATE_PARAMETER_VIOLATIONエラーの概要です。
これは、違反がファイルシステムランタイムライブラリ(FsRtl)余分な作成パラメータ(ECP)のパッケージで検出されたことを示します。

FSRTL_EXTRA_CREATE_PARAMETER_VIOLATIONパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
違反の種類(詳細については、下の表を参照してください)

第二パラメータ
0

第三パラメータ
ECPのアドレス

第四パラメータ
ECPのリストの開始アドレス

パラメータ1の値は、違反のタイプを示します。

第一パラメータ エラーの原因
0x01 ECPの署名が不正なポインタやメ??モリの破損のどちらかが原因です。
0x02 ECPは、未定義のフラグがセットされています。
0x03 ECPはFsRtlによって割り当てられていない。
0x04 ECPは、create呼び出し側から渡されたパラメータは不正なフラグが設定されています。
0x05 ECPは破損しています。そのサイズはヘッダーサイズより小さくなっています。
0x06 解放されているECPが空でないリストのポインタを持って、それはまだECPのリストの一部であるかもしれません。
0x11 ECPのリストのシグネチャは、不正なポインタやメ??モリの破損のどちらかが原因で無効です。
0x12 ECPのリストは未定義のフラグがセットされています。
0x13 ECPのリストはFsRtlによって割り当てられていません。
0x14 ECPのリストは、create呼び出し側から渡されるパラメータのリストについては、違反であるフラグがセットされています。
0x15 create呼び出し元から渡されたECPリストは空です。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557232(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?