ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000010D WDF_VIOLATION

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000010D WDF_VIOLATION

0x0000010D WDF_VIOLATION

STOP:0x0000010D WDF_VIOLATIONエラーの概要です。
これは、カーネルモードドライバーフレームワーク(KMDF)は、フレームワークベースのドライバーでエラーを検出したことを示します。

WDF_VIOLATIONパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。
パラメータ1はバグチェックの特定のエラーコードを示します。パラメータ4は予約されています。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ エラーの原因
0x1 WDF_POWER_ROUTINE_TIMED_OUT_DATA構造体へのポインタ 予約済み フレームワークベースのドライバーは、電源操作時にタイムアウトしました。 これは通常、デバイススタックがDO_POWER_PAGABLEビットを設定しなかったことを意味し、 ページングデバイススタックの電源が切断された後にドライバがページング操作を行おうとしました。
0x2 予約済み 予約済み 試みは、現在開催されているロックを取得するために行われています。
0x3 WDFREQUESTハンドル 両方のバッファに残っている未処理の参照数 WindowsドライバフレームワークVerifierは、致命的なエラーが発生しました。 具体的には、I/O要求が完了しましたが、入力バッファ、出力バッファ、または両方への未解決の参照があるので、 フレームワークのリクエストオブジェクトを削除することはできません。
0x4 予約済み 呼び出し側のアドレス NULLのパラメータがNULL以外の値を必要な関数に渡されました。
0x5 渡されたハンドル値 予約済み 誤ったタイプのフレームワーク・オブジェクトのハンドルは、フレームワーク・オブジェクトのメソッドに渡されました。
0x6     下表を参照してください。
0x7 フレームワーク・オブジェクトのハンドル 予約済み ドライバーがハンドルを削除しようとしてWdfObjectDereferenceを呼び出す代わりに、 WdfObjectDeleteを呼び出すことによって、誤っフレームワークオブジェクトを削除しようとしました。
0x8 DMAトランザクションオブジェクトのハンドル 予約済み それが正しい状態にありませんでしたが、操作がDMAトランザクションオブジェクトで発生しました。
0x9     現在使用されていません。
0xA WDF_QUEUE_FATAL_ERROR_DATA構造体へのポインタ 予約済み 現在待ち行列に入っている要求の処理中に致命的なエラーが発生しました。
0xB     下表を参照してください。
0xC WDFDEVICEハンドル 新しいPnP IRPへのポインタ ドライバは別の状態に変化するPnPのIRPを処理している間に新しい状態を変えるのPnP IRPが到着しました。
0xD WDFDEVICEハンドル パワーIRPへのポインタ デバイスの電源ポリシー所有者は、それが要求しなかったパワーIRPを受け取りました。 そこに複数の電源ポリシー所有者かもしれませんが、1つだけが許可されます。 KMDFドライバはWdfDeviceInitSetPowerPolicyOwnershipを呼び出すことによって、電源ポリシー所有権を変更することができます。
0xE イベントコールバック関数が呼び出されたIRQL IRQLがするイベントのコールバック関数が返されました。 イベントコールバック関数が呼び出されたときの同じIRQLで返されませんでした。 コー??ルバック関数は、(たとえば、DISPATCH_LEVELにIRQLを発生させ、スピンロックを取得しますが、スピンロックを解放しないことによって) 直接または間接的にIRQLを変更しました。
0xF イベントコールバック関数のアドレス 予約済み イベントコールバック関数が臨界領域に入りましたが、それは復帰前に臨界領域はありません。

パラメータ1が0x6にに等しい場合、致命的なエラーがWDFの要求処理で行われました。 この場合は、パラメータ2はさらに列挙WDF_REQUEST_FATAL_ERRORによって定義されるように、行われている致命的なエラーのタイプを指定します。

第二パラメータ 第三パラメータ エラーの原因
0x1 IRPのアドレス これ以上のI/Oスタックの位置は、基礎となるIRPをフォーマットするのに使用できません。
0x2 WDFの要求ハンドル値 試みはIRPを含んでいなかったフレームワーク要求オブジェクトをフォーマットしました。
0x3 WDFの要求ハンドル値 ドライバがすでにI/Oターゲットに送信されたフレームワークが要求を送信しようとしました。
0x4 IRPへのポインタが含まれWDR_REQUEST_FATAL_ERROR_INFORMATION_LENGTH_MISMATCH_DATA構造体へのポインタ、 WDFの要求ハンドル値、IRPの主要な機能、および書き込まれるようにしようとしたバイト数

パラメータ1が0xBに等しい場合は、ロックを取得または解放する試みは無効でした。 この場合、パラメータ3はさらに行われているエラーを指定します。

第二パラメータ 第三パラメータ エラーの原因
ハンドル値 0x0 WdfObjectAcquireLockまたはWdfObjectReleaseLockに渡されたハンドルは、同期ロックをサポートしていないオブジェクトを表します。/td>
WDFのスピンロックハンドル 0x1 スピンロックはそれを取得していないスレッドによってリリースされています。

原因
原因の説明のためのパラメータセクション内の各コードの説明を参照してください。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557235(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?