ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000010E VIDEO_MEMORY_MANAGEMENT_INTERNAL

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000010E VIDEO_MEMORY_MANAGEMENT_INTERNAL

0x0000010E VIDEO_MEMORY_MANAGEMENT_INTERNAL

STOP:0x0000010E VIDEO_MEMORY_MANAGEMENT_INTERNALエラーの概要です。
これは、ビデオメモリマネージャは、それが正常な状態に回復することができない条件に遭遇したことを示しています。

VIDEO_MEMORY_MANAGEMENT_INTERNALパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。
パラメータ1は、関連のある唯一のパラメータですが、これは正確な違反を識別します。 この表には現れないパラメータ1の値は、個別に検討する必要があります。

第一パラメータ エラーの原因
0x01 試みは、非回転範囲を回転させるために行われました。
0x02 試みは非空のプロセス・ヒープを破壊するために行われました。
0x03 アパーチャセグメントからマップ解除に失敗しました。
0x04 成功する必要があるパスの回転に失敗しました。
0x05 繰延コマンドが失敗しました。
0x06 試みは、その立ち退きがキャンセル抱えていた配分のために資源を再配分しました。
0x07 無効な試みが自由な使用を延期しました。
0x08 スプリットダイレクトメモリアクセス(DMA)バッファは無効な参照が含まれています。
0x09 配分を立ち退かせるのに失敗しました。
0x0A 固定割り当てを使用するために無効な試みがなされました。
0x0B ドライバはBuildPagingBufferから無効なエラーコードを返しました。
0x0C リソースリークは、セグメントで検出されました。
0x0D セグメントが不適切に使用されています。
0x0E アパーチャセグメントに配分をマップしようとして失敗しました。
0x0F ドライバはAcquireSwizzlingRangeから無効なエラーコードを返しました。
0x10 ドライバはReleaseSwizzlingRangeから無効なエラーコードを返しました。
0x11 アパーチャセグメントを使用する無効な試みがなされました。
0x12 ドライバは提供DMAバッファをオーバーフローしました。
0x13 ドライバが提供され、プライベートなデータ・バッファをオーバーフローしました。
0x14 すべてのセグメントを削除しようとして失敗しました。
0x15 試みが回転した状態のままであった仮想アドレス記述子(VAD)を解放するために作られました。
0x16 ドライバは、保証されたDMAバッファモデル契約を破りました。
0x17 予期しないシステム・コマンドの障害が発生しました。
0x18 固定割り当てのリソースを解放しようとして失敗しました。
0x19 ドライバは、DMAバッファへのパッチ適用に失敗しました。
0x1A 共有配分の所有者は解放されました。
0x1B 試みはまだ使用されている絞り値を解放しました。
0x25 GPUは開口部の未定義領域を上に書き込みを試みました。

原因
このバグチェックは通常、不適切な行動をビデオドライバが原因で発生します。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557238(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?