ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000112 MSRPC_STATE_VIOLATION

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000112 MSRPC_STATE_VIOLATION

0x00000112 MSRPC_STATE_VIOLATION

STOP:MSRPC_STATE_VIOLATIONエラーの概要です。
これは、Msrpc.sysドライバがバグチェックを開始したことを示しています。

MSRPC_STATE_VIOLATIONパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。
パラメータ1および2が関連のあるパラメータです。 パラメータ1は、状態違反の種類を示し、パラメータ2の値は、パラメータ1の値によって決定されます。

第一パラメータ 第二パラメータ エラーの原因
0x01 例外コード 非継続可能な例外は呼び出し側が継続した。
0x02 エラー 高度なローカルプロシージャコール(ALPC)は、無効なエラーが返されました。
0x03 サーバーへのセッション それはまだ使用されていた間、呼び出し元はMicrosoftのリモートプロシージャコール(MSRPC)ドライバをアンロードします。 それは、オープン結合ハンドルが残っている可能性があります。
0x04
0x05
サーバーへのセッショ 無効closeコマンドはALPCから受信されました。
0x06 結合ハンドル 試行は、リモートプロシージャコール(RPC)の二度目の処理をバインドしようとしました。
0x07 結合ハンドル 試みがバインドされていませんでした。バインディング・ハンドル上の操作を実行しました。
0x08 結合ハンドル 試みがすでにバインドされていた結合ハンドルにセキュリティ情報を設定しました。
0x09 結合ハンドル 試みがすでにバインドされた結合ハンドルのオプションを設定しました。
0x0A 呼び出しオブジェクト 試みは無効な非同期リモートプロシージャコールをキャンセルしました。
0x0B 呼び出しオブジェクト 試みは、それが期待されなかった場合に、非同期パイプコールにプッシュしようとしました。
0x0C
0x0E
パイプオブジェクト 試行が通知を待たずに非同期パイプを上にプッシュしました。
0x0F パイプオブジェクト 試みは、同期をもう一度パイプを終了しました。
0x15 エラーに最も近いオブジェクト RPCの内部エラーが発生しました。
0x16 予約済み 二つの因果命じ呼び出しはRPCによって強制することはできないために発行されました。
0x17 呼び出しオブジェクト サーバ・マネージャ・ルーチンは、呼び出しを完了する前に通知からの退会しませんでした。
0x18 非同期ハンドル 非同期ハンドル上無効な操作が発生しました。

原因
このバグチェックの最も一般的な原因はMsrpc.sysドライバの呼び出し元が、このような呼び出しのための状態セマンティクスに違反することです。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557248(v=vs.85).aspxxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?