ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x0000012C EXFAT_FILE_SYSTEM

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x0000012C EXFAT_FILE_SYSTEM

0x0000012C EXFAT_FILE_SYSTEM

STOP:0x0000012C EXFAT_FILE_SYSTEMエラーの概要です。
これは、問題は拡張ファイルアロケーションテーブル(exFATの)ファイル・システムに発生したことを示します。

EXFAT_FILE_SYSTEMパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。

第一パラメータ
ソースファイルと行番号情報を指定します。
上位16ビット("0x"の後の最初の4桁の16進数)は、その識別子番号でソースファイルを決定します。
下位16ビットは、バグチェックが発生したファイルのソース行を決定します。

第二パラメータ
FppExceptionFilterがスタック上にある場合、このパラメータは、例外レコードのアドレスを指定します。

第三パラメータ
FppExceptionFilterがスタック上にある場合、このパラメータは、コンテキストレコードのアドレスを指定します。

第四パラメータ
予約済み

原因
internal accountingは耐えられない状態にあり、継続することはデータ損失の大きいリスクをもたらすとき、 このバグチェックはファイルシステムによって引き起こされます。 ファイルシステムがオンディスク構造が壊れているときにこのバグチェックが発生し、 ディスクセクタが悪くなる、またはメモリ割り当てが失敗します。 不良セクタは、バグチェックにつながる可能性があり、たとえば、ページフォールトがカーネルコード またはデータとメモリマネージャで発生したときにページを読み取ることができません。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/ff557339(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?