ブルースクリーンエラーのチェック|パソコントラブル出張修理

STOP:0x00000144 BUGCODE_USB3_DRIVER

TOP症状チェックブルースクリーン > 0x00000144 BUGCODE_USB3_DRIVER

0x00000144 BUGCODE_USB3_DRIVER

STOP:0x00000144 BUGCODE_USB3_DRIVERエラーの概要です。
これは、すべてのUSB3のバグチェックのために使用するコードです。

BUGCODE_USB3_DRIVERパラメータ
以下のパラメータがブルースクリーンに表示されます。
パラメータ1は、USB 3バグチェックのタイプを指定し、その他のパラメータの意味はパラメータ1に依存しています。

第一パラメータ 第二パラメータ 第三パラメータ 第四パラメータ エラーの原因
0x001 オプション。URBを再送信するために使用されるIRPへのポインタ URBへのポインタ クライアントドライバのデバイスオブジェクトへのポインタ クライアントドライバは、それが以前にコアスタックに送られていたことURBを使用していました。
0x002 ブートデバイスの物理デバイスオブジェクト(PDO)へのポインタ 予約済み 予約済み ブートまたはページング・デバイスは、再列挙に失敗しました。
0x003 オプション。URBを送信するために使用し、IRPへのポインタ 破損URBへのポインタ クライアントドライバのデバイスオブジェクトへのポインタ クライアントドライバはコアスタックに壊れたURBを送りました。 クライアントドライバがUSBD_ XXX UrbAllocateを使用URBを割り当てるか、 またはクライアント・ドライバがURBのためにバッファアンダーランをしなかった場合これが起こる可能性があります。
0x800 オープンな静的ストリーム要求が送信されたIRQL オープンな静的ストリームのIRPへのポインタ クライアントドライバのデバイスオブジェクトへのポインタ オープンな静的ストリーム要求がIRQL>パッシブレベルで送られました。
0x801 オープンな静的ストリームのIRPへのポインタ オープンな静的StreamsのURBへのポインタ クライアントドライバのデバイスオブジェクトへのポインタ クライアントドライバは、ストリーム機能のために問い合わせる前に、静的ストリームを開こうとしました。 それが正常に流れ機能を照会した後まで、クライアント・ドライバは静的なストリームを開くことができません。 詳細については、解説を参照してください。
0x802 クライアントドライバが開こうとしたことを静的ストリームの数 クライアントドライバに付与された静的なストリームの数 クライアントドライバのデバイスオブジェクトへのポインタ クライアントドライバは静的ストリームの無効な番号を開こうとしました。 ストリームの数は0にすることはできませんし、クエリUSB機能の呼び出しでクライアントドライバに返された値より大きくすることはできません。
0x803 オープンな静的ストリームのIRPへのポインタ オープンな静的StreamsのURBへのポインタ クライアントドライバのデバイスオブジェクトへのポインタ クライアントドライバは既に静的ストリームが開いていたエンドポイントの静的ストリームを開こうとしました。 静的ストリームを開く前に、クライアント・ドライバは以前開かれた静的なストリームを閉じる必要があります。
0x804 リークされたハンドルのコンテキスト USBD_CreateHandleに渡されるデバイスオブジェクト 予約済み クライアントドライバがハンドルを閉じるのを忘れて以前使用して作成USBD_CreateHandleをしたり、 割り当てられたURBを解放するのを忘れていました。
0x805 WDFREQUESTを閉じる静的StreamsのURBのためのハンドル 閉じる静的StreamsのURBへのポインタ クライアントドライバのデバイスオブジェクトへのポインタ クライアントドライバ(例えば、D0の終了を処理した後に)無効な状態で閉じる静的StreamsのURBを送りました。
0x806 IRPへのポインタ URBへのポインタ クライアントドライバのデバイスオブジェクトへのポインタ クライアントドライバーは、チェーニングされたMDL能力のための質問の前にチェーニングされたMDLを送るのを試みました。詳細については、解説を参照してください。
0x807 チェーニングへのポインタMDL URBへのポインタ クライアントドライバのデバイスオブジェクトへのポインタを使用可能な場合 長いバイト数(によって返されるより転送バッファの長さを持つコアスタックにURBを送信したクライアントドライバMmGetMdlByteCount)

備考
USB機能を照会するには、ドライバーは、WdfUsbTargetDeviceQueryUsbCapabilityかUSBD_をQueryUsbCapabilityを呼び出す必要があります。

※この内容は、Microsoftのバグチェックコードの解説を参考にして要点をまとめたものとなります。 翻訳内容は必ずしも正しいとは限りませんのでご容赦願います。 詳しい内容は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/hh450914(v=vs.85).aspxをご覧下さい。

パソコントラブル出張修理では、ブルースクリーンの出張修復も数多く行っています。 自分で解決できない場合にはパソコントラブル出張修理をご利用下さい。
パソコントラブルの出張修理を依頼する

ブルースクリーンエラーチェックTOP


パソコントラブル出張修理 お問い合わせフォーム パソコントラブル出張修理の料金表 業務ソフト開発 アプリケーションソフト開発 ?